秋にも花粉症の症状が!水素水で花粉症を撃退しよう

花粉症と言えば普通は春先から夏にかけて症状が出てくる方が多いのですが、なぜか秋にも花粉症の症状がでてしまっていて困っているという方も中にはいるようです。

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

秋は1年を通してみた場合は花粉症が多くなる季節というわけではありませんが、花粉症が完全になくなる季節はないので秋であっても花粉症の症状がでてきてしまうことは十分にあり得ます。

春と言えばスギ花粉が有名ですが、秋にはキク科のブタクサやヨモギなどといったような花粉が増えてくる時期でもあります。

その他以下のような原因もアレルゲンとなる場合があります。

  • ダニ
  • ペット
  • ゴキブリ
  • ユスリカ
  • 空中真菌(カビ)

こういったアレルゲン物質の影響を受けると花粉ではなかったとしても花粉症と同じような症状がでてくうることもあります。

秋の花粉症ではどんな症状がでる?

目がしょぼしょぼしたり痒くなったり赤くなると言った症状、鼻水が止まらなくなったりするような症状は春の花粉症として最も多い症状でもありますが、秋でも全体の15%ほどはこのような症状がでてくることがあります。

その他くしゃみが連続してでるようになってしまったり、鼻づまりを起こしてしまうといったような風邪かな?と思われるような症状がでてしまうこともあります。

風邪である場合は風邪薬などを飲むことで数日で治る場合がほとんどなのですが、どうも長引いているかもしれない・・・といったように少しでも感じる場合は風邪ではなく秋の花粉症であるということを疑った方がいいかもしれません。

秋の花粉症の犯人は?

春にはスギ花粉がよく飛んでいるのですが、秋に飛ぶブタクサ、ヨモギ、カナムグラといったような花粉については飛散量自体はスギ花粉よりも少なくなっており、飛散範囲が狭いと言う特徴があります。

それでも全く飛散しないというものではありませんので、もとからアレルギー体質であったり、体力が落ちていたりアレルギーに対抗するための免疫力が低下しているようだと簡単に秋でも花粉症にかかってしまうことがあります。

秋の花粉症を水素水で解消しよう

今回のような秋にまで引っ張ってしまうような花粉症をどうやって解消させていこうかというところになるのですが、最も効果的でスムーズに症状を改善できるのが水素水となっています。

水素水を飲むようにしていくと活性酸素などによって細胞が酸化してしまうことを防止することができるようになっています。抗酸化作用が高まっていくとそれに比例するように体の免疫力も高まっていきます。

さらに水素水には花粉症による症状を即座に抑える即効性のあるアレルギー対策としての効果もあるということが研究によって既に判明しています。

普通に水素水を飲むだけでも体内から毒素を出していくことで症状を軽くしていくこともできますし、皮膚などに問題が出ている時は直接吹きかけるようにして対策をしていくという方法もあります。

水素水をあらかじめ飲むようにしておくことで花粉症の予防にもなりますし、すでに症状が出ていて悩んでいるような場合も水素水を飲んで症状を改善したり緩和させることが可能となっています。

専用の薬品などではないので全ての人の花粉症を必ず解消できる!とは言えませんが、高い確率で効果は期待できますよ。

花粉症にも効果的!コスパの高い水素水はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です