アンチエイジングで美白を目指す!化粧水よりも水素水の方が効果的?

アンチエイジングというと体を若返らせるとか、肌年齢を若くしていくといったような効果については有名ですし、そういった目的でアンチエイジングに取り組む方も増えてきています。

実はアンチエイジングによって美白も目指すことができるということは知っていましたでしょうか。

b01fd8eca8769bf856efd7f3a97ef738_s

アンチエイジングというと50代~60代の方が10歳くらい若返りたいということで取り組まれているというイメージが強いかもしれませんが、知っている方は20代~30代くらいの方でも綺麗な美白を目指してアンチエイジング療法に取り組んでいる方もいます。

実際のところアンチエイジングに年齢は関係ないので、肌を綺麗にしたいとか美白を目指したいという女性にとっては若くても取り組む価値があるということになります。

なぜアンチエイジングで美白になるのか

美白を目指したい!という気持ちがあるということはおそらく現状の肌が美白とは言えない状態になっているということかと思います。
肌が昔から焼けやすい人は外にいる時間が長ければどうしても肌は黒くなっていきますし、実は日焼けをしていないのに肌が黒くなってしまうこともあります。

アンチエイジングを行うことで美白にするということはこの日焼けではない肌の黒さを改善するということでもあります。

  • 日光をそんなに浴びていないのに肌が黒いと言われる
  • 日焼けしてないしメイクも変えてないのにファンデを濃くした?と言われる
  • 外に出ることもあまりないのに肌が黒くなる

このような場合はストレスによる活性酸素が原因で肌が黒く変色している可能性もあります。
アンチエイジングを行うということはその活性酸素を除去するということでもありますので、日焼けではない肌の黒さを改善するためにぴったりな方法でもあるということなんです。

化粧水よりも水素水の方が美白効果が高い

美白を目指すためにちょっといい美白化粧水などを使っている人もいると思いますが、化粧水の場合はあくまで体の外側から肌につけて保湿をしながらシミや紫外線の対策をするといったものになっています。

それでもある程度の美白効果は見込めるのですが、上でも解説したような活性酸素に対抗するような効果は見込めません。
その点水素水であれば化粧水とは違って飲むことができるのでまずは体内にたまっている活性酸素を駆除することができるようになります。

またそれは体にとってデメリットとなる「ヒドロキシラジカル」といわれる悪玉活性酸素のみをしっかり見分けて除去できるというものですので、身体にメリットのある善玉活性酸素には影響がありません。

そして水素水を飲むと日焼けではないのに肌が黒ずんでしまったりする原因を作っていた悪玉活性酸素を体内から排出することができるわけですが、もう一つの使い方として化粧水のように肌に直接塗って使うということもできるのがポイントとなっています。

DSC02976

その際は普通に市販されているようなコットンパックなどに水素水を染み込ませて、じっくりとパックするようにして使うようにすると効果が高まるのでおすすめです。

化粧水の中にもそういった水素のアンチエイジング作用に着目して水素配合の化粧水と言ったものが売られていますが、それだと肌の負担となる界面活性剤などが含まれている場合があるので違った影響も出てくる可能性があります。

無難でかつ最も効果が高いのは通常のアルミパウチに入っている水素水を使うということです。
アンチエイジングで美白を目指したい!と言う場合は参考にしてみてくださいね。

アンチエイジングにもぴったり!一番人気の水素水はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です