アンチエイジングで敏感肌を解消させる具体的な方法とは?

敏感肌だとすぐにニキビができてしまったり、乾燥から吹き出物ができてしまったり、激しいかゆみに襲われたりと中々大変ですよね。

そんな敏感肌をなんとかして改善させようとしてヒアルロン酸などが配合されたオイルでケアをしてみたりしている方もいますが、思ったほど効果がなかったり逆に肌荒れを起こしてしまったりといったように何かと問題点もあるようです。

b01fd8eca8769bf856efd7f3a97ef738_s

しかしアンチエイジングで敏感肌を解消していくには他にも色々と方法はあります。

とくに上記のように敏感肌を治そうとしているのに逆に肌荒れをしてしまったりするようなことがない方法を今回はお伝えしていこうと思います。

今最もアンチエイジングに効果的と言われる水素水について

アンチエイジングといえば化粧水やプラセンタ、サプリメントなどいろいろと効果があると言われているものがあるのですが、それらの中でも最も今アンチエイジングに効果的であると言われているのが水素水です。

季節の変わり目などで弱まっている肌などに対しても水素水を飲んでおくことによる抗酸化作用によって活性酸素を除去していきながら皮膚の免疫力を高めていくことができるので敏感肌の対策としても効果的です。

プラセンタなどについてはアンチエイジングに効果はあるものの、生理時期が不安定になってきたり軟便になってしまうなどといった副作用が出てくる場合があるそうなのですが、水素水の場合はそういった副作用などが一切ないというところも魅力です。

水素水で敏感肌対策をする時の使い方は?

敏感肌となっていてその症状が一番大きく出てしまっている部分は恐らく顔ではないかと思いますが、水素水を使った2つの方法でその敏感肌の対策をすることができます。

まず一つ目は普通に水素水を飲むという方法ですね。

敏感肌というとちょっと強めの洗剤や化粧品などを使った時にすぐに反応してしまって肌が一気に荒れてしまったり、赤みやかゆみなどの症状がでてしまうというところが問題かと思います。

そんな敏感肌の原因はどこにあるのかというと色々考えられるのですが、大きく分けて以下のような物があるとされています。

  • 精神的なストレス
  • 食生活の乱れ
  • 住環境の変化
  • 血液の汚れと活性酸素の蓄積

 

水素水を飲むことによって対策ができるのはこの中でいうと一番最後の血液の汚れと活性酸素の蓄積という部分になっています。
さらに精神的なストレスが溜まるとそれが原因で活性酸素が溜まってしまうことがありますし、食生活のバランスが崩れていることが原因で血液が汚れてしまっているということもあるかと思います。

いかなる原因であったとしても溜まっている活性酸素を除去できるというのは水素水独自の強みになっています。

そしてもう一つの使い方があるのですが、特に敏感肌の症状が気になっている部分があったらそこに水素水を化粧水代わりとして吹きかけるという方法もあります。
水素水に含まれるのは水と水素なので肌に直接かけてあげることによって水素による抗酸化作用を肌の表面から直接実感することもできるようになります。

アンチエイジングによって敏感肌を解消するために最も適した水素水は?

アンチエイジングをしていきながら敏感肌を解消させていきたいという目的で水素水を使う場合は選ぶ水素水にもしっかりとした基準を持って選んでいく必要があります。

敏感肌になっているということはアレルギー体質であるかと思います。
また皮膚にしっかりと栄養が行き渡らないことから皮膚の表面の角質をつなぎとめるセラミドが作られずにアレルギー反応を起こしやすくなる場合もあります。

この場合水素水を選ぶ際に気をつけなければいけないのはいかに水素濃度が高い水準のまま維持できているかというところになります。
これは水素水を製造した段階で充填されている水素濃度よりも、私たち使用者が使う段階でどれだけ水素濃度が維持できているかという意味です。

というのも実は水素水は充填する段階での水素濃度がいくら高くても、容器の問題などで空気に触れてしまうと水素が抜けていってしまうために、使う段階では充填時の水素濃度ではなくなっていることが非常に多いからです。

DSC02972

今回のような敏感肌を解消したいという場合は特製のアルミパウチ容器に入って水素が逃げないように徹底的に工夫されている水素水である水素たっぷりのおいしい水が最も効果的ではないかと思います。

アンチエイジング作用を期待されている方はお試しセットなどもありますので、使ってみる価値はあるかと思います。
水素たっぷりのおいしい水を実際に使った効果や詳細はこちらです。

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です