足がもつれるのは病気なの?症状を改善させる方法とは

1c9ea34d21efdb20cb59557b8aca14ce_s

普通に歩いていると突然足がもつれるような状態になってしまうと最悪の場合はそのまま転倒してしまうということがあると思います。

油断しているところで急に転倒すると骨折やねんざなどの怪我をしてしまう場合もあるので非常に危険です。

何より普段は普通に歩けているはずなのにふとした瞬間に何故か力が抜け落ちるような感覚になって足がもつれてしまうようになると、これはもしかして脳か何かの病気の影響なのではないか?という不安にも襲われます。

最近何だか足がもつれることが多いかもしれない・・・というあなたに向けて症状を改善させるポイントを解説していこうと思います。

急に足がもつれるのは脳に障害が起こっている可能性も

足に力が入らなくなって倒れそうになったりすることが頻繁にあって、なおかつ症状が出ていないときには足に筋肉痛などもとくにないという場合は膿の内部に何らかの障害が起こっている可能性があります。

めまいがするということも結構ある場合は軽い脳梗塞や脳出血のような状態になっているケースも考えられます。

そんなまさか!と思いたい気持ちもわかりますが、放っておくと症状がさらに悪化してくることも考えらますので早い段階で対処をしておくことを推奨します。

心配な場合は一度病院に診てもらったほうが何かと安心できるでしょう。

心理的要因の場合も

脳に問題がないとしてもひどくストレスが溜まることが多いことなどが原因で心理的な要因で足がもつれるということもあります。

過去にうつ病にかかったことがあるというような場合や、メニエール病などにかかっていたことがあるという場合はその影響として症状が出てきている場合があります。

特定のシチュエーションで足がもつれてしまうという場合はパニック障害が起きているということもあります。

パニック障害というと一般的には突然息苦しさや胸の辺りの違和感や不快感、めまいなどの影響で「もしかしてこのままでは死んでしまうのではないか?」というくらいの発作が起きる障害と言われています。

しかし、パニック障害の影響でどんな症状がどの程度のレベルでおきるかというところはその人の心理状況や体調、体質などに左右される部分も大きいので、脳の神経伝達物質の働きを正常な状態に戻していきながら心理面の改善などを同時に行って対処をしていくことで症状を軽減することができるでしょう。

症状をできるだけ安全に解消するには?

脳の異常か心理面の問題が今回のように足がもつれる状態を作り出してしまっているケースが多いので、脳の異常をもたらす原因となる活性酸素の除去および、血流の改善をしてくようにしていくのが理想的です。

血流が改善されて血行促進されるようになると体の中がポカポカしてきて体調がいい状態をキープできるようになるので心理的な問題などについても同時に改善していきやすい状態になっていきます。

特に今、脳の病気だけでなく心理的な要因の病気などについても効果があると言われている水素水を使うようにすると早い段階で足がもつれるような状態を改善していくことができます。

P1010633

さらに脳や心理的な問題だけでなく身体の錆つきを水素のもつ高い抗酸化作用によって解消するようになるので継続して水素を摂取するようにしていくことで足がもつれるようなことはなくなりますし、体全体が軽くなってくるようになるのを実感できるよういなっていきます。

(注目記事)体が軽くなって足がもつれなくなる!水素水の効果と購入体験記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です