足がむずむずして眠れない原因と適切な対処方法とは?

足が異様にむずむずしてしまって眠れないほど苦しいといったような状態になることはありませんか?
自分でも原因がわからずにどうやって対処すべきなのかよくわからないということで困っている方も少なくないと思います。

周りに同じような症状が出ているという人もあまりいないし、自分だけがこのような症状で不眠になってしまっているのであればさらに辛いですよね。

こんな症状はありませんか?

  • 脚の奥の方に気持ち悪い不快感がある
  • 寝ようとしたときや座ったり横になったときに足がむずむずする
  • 不快感は歩いたり足を動かすと軽減される
  • 夜に足の不快感が出やすい

もしこれらの項目に当てはまる場合はその足にむずむずして眠れないという症状の原因はむずむず脚症候群という病気である可能性が高いと思われます。

ではむずむず脚症候群になってしまっている根本的な原因や対処方法としてはどうすればいいのでしょうか。

神経伝達物質のドーパミンが減少している

ドーパミンという言葉自体は聞いたことがあるという人も少なくないと思います。
ドーパミンは脳内にある神経伝達物質のことであり、やる気ホルモンなどと呼ばれていることもあります。

eb586a0801e5c2e686e45cacc628cada_s

ドーパミンが足りている状態であればやる気にも満ち溢れて身体も心も問題がない場合が多いのですが、ドーパミンが不足するようになると精神に支障をきたしてうつ病になってしまったり、そこから体に影響が出てきてさまざまな体調不良を起こししてしまうこともあるとされています。

今回のように足がむずむずして眠れないといったようなタイプの不眠症もこのドーパミン不足が原因の一つであるということは間違いありません。

全身の血行不良によって足に綺麗な血液が行き渡らない

日頃の栄養不足やストレスの蓄積、運動不足などによって体に毒素が溜まっていたりすると血液のめぐりが悪くなることがあります。

5b580930a335bd5018d3312efc0d0a51_s

先ほどの神経伝達物質ドーパミンの不足なども体の不調だけでなくストレス要因にもなるので、そのストレスが原因で体内に活性酸素が溜まってしまって血行不良になるというようにつながっていくこともあります。

血行不良になると脳内から足に至るまで健康的で綺麗な血液が行き渡らなくなってしまうので体が重くなったり、今回のようなむずむず脚症候群の症状がでてきてしまうことがあります。

足がむずむずして眠れない時の対処方法とは?

それでは実際に足がむずむずして眠れない場合にはどうやって対処していけばいいのでしょうか。

ドーパミンが不足していたり、血行不良になっているといったことが足のむずむずの原因である可能性が高いとお話しました。

その点をいかにして解消することができるかというとうところがポイントとなります。

水素水を使うと体内の毒素をすっきりデトックスしてあげることで血行不良を解消することができるようになっています。

DSC02974

ストレス要因で体内に蓄積してしまった活性酸素などについても水素水を使うことで取り除くことができるようになるので、体調を回復させたり、足のむずむずを自然と改善させることができるようになります。

もし足にかゆみなども伴っていて気になる場合は、水素水を飲むだけでなく足に直接塗ってあげることで肌から水素分子を浸透させることもできます。

水素の分子はそれだけ小さいので、飲んでも塗っても高い効果があるというところが魅力でもあります。
薬で治療するのは副作用などが心配で・・・という方は水素水を試してみてはいかがでしょうか。

一番人気の水素水!水素たっぷりのおいしい水の効果と体験談はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です