頭がぼーっとするのは病気?原因を知って素早く対処する心得

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s

最近何だか無性に頭がぼーっとする時間が増えたかもしれない・・・といった悩みはありませんか?
あまりにもそのような時間が増えてくるとすることがいっぱいあるのに何も手につかなくなってしまいますし、仕事中だったりすると大変なミスをおかしてしまう危険性が高まります。

何が原因となって頭がぼーっとする時間が増えてしまっているのかというところについてきちんと理解したうえでしっかりと対処をしてくのがやはり理想です。

また、あまりにも症状がひどい場合はもしかしてこれって病気なのではないかという不安もでてくることかと思いますので、出来る限り早い段階で頭をスッキリさせて快適にすごせるように体質から改善していく方法についてシェアしていこうと思います。

頭がぼーっとするのは病気なのか

結論から言いますと酷い場合はすでに病気の可能性もありますし、そうでなければ病気ではないものの病気の前段階まできているというケースもでてくるでしょう。

1.血行不良の可能性

血行が悪くなりすぎている影響からか脳の辺りに酸素が行き届かずに常にぼーっとしたりして集中力を失っているというようなことは結構あります。

頭がぼーっとするだけでなく以下のような症状もある場合はとくにその傾向が強くなっています。

  • いつも頭や体が疲れている感覚がある
  • 集中しようとしても全然できない
  • 何かを覚えようとしても覚えられずにすぐ忘れる

単純に頭がぼーっとするだけでなくこのような状態に心当たりがある場合は血行不良になっている可能性が高いとみて間違いありません。

2.頭の使いすぎ?脳疲労の可能性

仕事でもプライベートでも考え事をすることが多かったり、今ある問題点を解決するために頭を捻らせるようなことが多くなりすぎると頭の使いすぎによって脳疲労という状態になってしまうこともあります。

最近では自宅ではパソコン、外出先でもスマートフォンと言った具合でどこにいても次から次へと新しい情報がどんどんと頭の中に入ってきてそれがもう当たり前のようになってきていると思います。

1c6c422a7d7e1bbd382a19529510dffa_s

しかし実は情報の渦に飲みこまれ過ぎるとひどく脳内に疲労感が残ってしまうことがあります。自分ではとくにストレスに感じていなかったとしても脳がびっくりしてまっているような状態ということです。

体力的な疲労とはまた少し違ってはいますが、脳に起きている疲労も見過ごしてはいけません。

脳疲労に一時的に効果があると言われているのがチョコレートなどの甘いものを食べるとか、少し仮眠をとるといったような方法があります。

その場限りの一時的なものではありますが、どうしてもすぐに症状を改善したいという場合は試してみる価値はあります。

3.症状が悪化すると自律神経失調症などの病気になる場合も

もしも頭がぼーっとするだけではなくそこからさらにめまいが酷くなってきたり、吐き気や息苦しさを感じるとか、寝ていても全く寝ている実感が持てないというような状態になってくるとすでに自律神経失調症になっている可能性が高いです。

これもまた過度なストレスや精神的な負担が大きくなりすぎる時にかかってしまうことが多いとされている病気です。

栄養バランスがしっかりととれている食事を食べ、きちんとした睡眠時間を確保しながら症状に向き合っていく必要があります。

頭がぼーっとする状態を改善するには?

ここまで紹介してきた原因などをご覧頂いて、自分に当てはまるかもしれないと感じたところはありましたでしょうか。

脳の疲れの元を解消しつつ血行を促進していきながら頭がぼーっとする症状を改善するには非常に高い抗酸化作用で注目を集めている水素水が効果的です。

水素水の中に含まれている水素分子は非常に小さいので水素水を飲んで体の中に入ってきた水素分子は瞬く間に全身から脳に至るまで行き渡るようになっています。

DSC02972

そうすると水素が血液内部の老廃物などを取り除きながら全身の血行が改善されてくるので頭の中からスッキリした感覚が生まれるようになっていきます。

私ももちろんすでに水素水を長く飲み続けていますが、飲む前の体調とは正直比較にならないレベルで違ってきています。

ぼーっとする時間はもったいないし、ぼーっとしたくないのに頭がぼーっとしてしまうというような悩みを体質からきちんと改善していきたい!と言う場合は水素水を飲むようにすると想像以上の効果が実感できるはずです。

>>一番効果が高いのに一番安い!?水素たっぷりのおいしい水を実際に飲んだ効果まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です