頭がふわふわするのは病気?ただの寝不足?原因と改善策とは

寝起きの時点で頭がふわふわしてしまったり、そこから数時間経過しても依然としてふわふわした感覚が抜けなくて苦しい・・・というような悩みを抱えている人がいるようです。

6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s

ただの寝不足による影響であれば寝れば治りそうなのでまだいいか・・・。と言った具合に軽く考えることもできると思うのですが、もしその症状が何かの病気だったらと考えるとゾッとしますよね。

頭がふわふわする感覚になってしまう原因と対策方法についてお伝えしていこうと思います。

(注目記事)頭がふわふわする症状を一撃で改善できた水素水の効果とは?

単純に寝不足が続いている

たとえ体力があって健康な人であったとしても、あまりにも寝不足な状態が続いてしまっていると頭がうまく働かなくなったり、ふわふわするように感じることもあると思います。

この場合は寝不足によって体の疲れが残ったままになっているということや、綺麗な血液が循環しなくなっていることから頭に血が回っていないためにふわふわした感覚になってしまっていると考えられます。

もちろんこの場合は病気というわけではありませんので心配する必要はあまりありませんが、寝不足が続いてしまうとふわふわするだけでなく以下のようなデメリットとなる症状が現れることもありますので注意が必要です。

  • 発がんリスクが高まる
  • 体重が増えやすくなる
  • うつになりやすくなる
  • 体の免疫力が低下する
  • 皮膚の炎症を起こしやすくなる
  • 糖尿病のリスクが高まる
  • 肌が老化する速度が早くなる

寝不足が続いてしまうことによるデメリットはざっとあげてもこれくらいのものがあります。
これ以外にも高血圧になってしまったり、心臓病にかかってしまったり、そもそも寿命が縮まってしまうといったような問題点もでてきます。

寝不足が続いていて頭がふわふわしてきたかも・・・と感じたらそれは一つの警告でもあると捉えてしっかり睡眠時間を確保するようにしていきましょう。

病気にかかっている場合

寝不足ではないのに頭がなぜかふわふわするかもしれない・・・と感じている場合は先ほどの例とは少し違った話となってきてしまいます。

1.血流障害

立ち上がったときにふわふわしてしまうような感覚があったり、頭や肩の凝りや痛みなどを感じることもあるような場合は血流が極端に悪くなっていることから筋肉の緊張や血流障害などといったような症状が起きてしまっている場合があります。

2.自律神経障害

その自律神経障害によってめまいであったり、船に乗っていないのに船酔いをしているようなふわふわした感覚に陥ってしまうこともあります。

男性にも見られるのですが、どちらかと言うと女性の方がこのような症状にかかってしまうケースが多くなっています。

3.動脈硬化

年齢層が少し高まって60代以降の方になってくるとこれまで紹介してきたような病気の他に動脈硬化であったり、動脈硬化の前兆として脳幹部や小脳に血液が行き渡らなくなって頭がふわふわした感覚になってくることもあります。

あまり症状が長引いたりすうrと血流不全を起こして一時的に意識を失ったりしてしまうようなリスクもありますので早い段階で症状を改善していく必要が出てきます。

頭がふわふわする症状を改善策するには?

単純に寝不足が原因なのであれば、まずはしっかりと安定した睡眠時間を確保するようにしていきましょう。

もしここまでの記事を読んで病気である可能性もあると感じた場合は血液を綺麗にしていくということと、内臓の代謝機能を改善していきながら血流自体を改善していくということを最優先として取り組んでいくべきです。

P6240391_2

この際も睡眠は十分に確保する必要がありますが、それと同時に抗酸化作用が高く血流を素早く改善することができる水素水などを使っていくと効果的です。

水素水には体の中にたまっている毒素を排出したり、内臓の代謝機能を促進する効果があるので病気が原因の頭のふわふわ感であったとしても早い段階で改善していくことができるようになっています。

費用対効果が高く血行促進効果の高い水素水はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です