アトピーの炎症で目が腫れるのが辛い!目が開かない時の対処法

何かの拍子で突然アレルギー症状が出てきて顔の炎症が酷くなってしまうとかなりつらいですよね。
特にアトピーの炎症がでてきて目が腫れるくらいまで悪化してしまうと段々目の周りが物理的に重くなってくるような感覚で目が開かないようになってくることもあります。

d4455dd6bdefecca51ad7240d98a4fc3_s-300x200

目が腫れると普通に何かを見たりして目を使うのもしんどい状態になってきますし、何をするにしてもやる気がでないような活力ゼロの状態になってしまうこともあると思います。

実は私自身ももともともの凄いアトピー体質の持ち主ですので、もちろん目の周りがいきなり炎症を起こしてしまって腫れたことがあります。

目を開くのが難しい状況になってくると仕事をするのもままならなくなってきますし、ちょっと休もうと思って読書をしたりテレビを見たりすることすらも辛いという状態になってくるので本当に厄介です。

目が腫れてきたときにどうやって対処をすれば比較的早い段階で症状が治まってくるのかということと、目が腫れたからといってやってはいけないことについてお話していこうと思います。

アトピーで目が腫れてもやってはいけない注意点

まずアトピーもちで炎症を起こしてしまって目の辺りが腫れてしまった人がやってしまいがちで、炎症を悪化させる恐れのあることがいくつかありますので紹介していきます。

1.擦ったり掻いたりしてはいけない

アトピーの炎症ですから目の辺りが腫れたとしても相当な痒みがあって辛いことだと思います。
擦りたいし掻きたいしムズムズして気になって仕方がないのではないかと思います。

しかしそのような時に絶対に患部を何かで強く擦ったり、手で掻いてしまってはいけません。
炎症というのはいじれば弄るほど悪化してしまうものですので、いくら擦ったりしたら気持よくても我慢しなければ辛い期間が長引いてしまいます。

2.効くか効かないかわからないクリームを塗らない

余りにも炎症や腫れが酷くなってくるととりあえず何かクリームでも塗って保湿しておけば治まるんじゃないか・・・といった具合で成分などについてよく把握していない保湿クリームなどを塗ってしまうこともあると思います。

2015-12-04 01.10.51

しかしアトピーで炎症が起きてしまう敏感肌の方はちょっとした成分でもすぐに肌が負けてしまう可能性がありますので、成分の中に少しでも肌に合わない成分が含まれている場合はクリームを塗ったことが原因でさらに痒みがましてしまったり炎症が進んでしまうことがあります。

またステロイド系の薬を使って炎症を抑えればいいのではないかと考える人も少なくないと思いますが、それもまた一時的に炎症を隠しているようなもので後から再発してしまう可能性が高い方法でもありますので有効な方法とは言えません。

3.かさぶたを剥がさない

目の下の辺りが腫れているとそこから液が滲み出てくることがあります。
その液はティッシュなどで拭き取ると黄色い色になることが多く、放っておくとかさぶたのように固まっていきます。

この液の正体は「組織液」と呼ばれているもので白血球の死骸が混ざっている液体です。
この液が出ていると独特な臭いがしますし、垂れてきたりもするのでかなり気になると思います。

またかさぶたになった後も顔がムズムズとしてついそのかさぶたごと掻きむしって取ってしまいたくもなります。
しかしそのかさぶたをとるとまた新しく液が出始めるところまでもどってしまいます。

かさぶたは自然に剥がれるくらいまで放置しておけば比較的早く症状自体が治まるようになるので剥がさないようにしましょう。

体の内側から免疫力を高めることで対処する

Immunity

急に目の周りに炎症がでて腫れたりするとどうしても直接その患部に何かをつけたりして治さないと!と考えてしまう人が多いと思いますが、それよりも体の内側の低下している免疫力を取り戻すようにしていく方が効果的です。

アトピーによる炎症を起こしてしまったということは何かのアレルギーに負けてしまったのが原因であると考えられますので、体内からアレルギー物質を取り除きながら免疫力を上げられるようにしていく必要があります。

私が実際に試してみて最も効果的だったのはアレルギーやアトピーなどにも効果的と言われている水素水を使いながら体内環境から改善していく方法でした。

それまではクリームなどを塗っては悪化してしまい・・・と言った具合で右往左往していたのですが、水素水を飲みはじめてからは気分もスッキリしてきて炎症も数日飲み続けたくらいでだいぶマシな状態まで回復してきました。

水素水は飲むだけでなくお風呂などにつかるのも効果的と言われているので、乾燥してカサカサしてしまったときには水素水をちょっとだけ患部に塗って表面の活性酸素を除去されることを祈ってケアしたりしていました。

今回紹介したような注意点を守りながら水素水を使って対策をしていけば比較的早い段階で目の腫れや炎症を抑えることも十分期待できるます。

実際に症状の改善に役立った水素水の効果と体験談はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です