敏感肌で化粧水をつけるとかゆみが酷い!どうやって対処すべき?

敏感肌の対策をしようとして化粧水をつかってみたけれどもかゆみがひどくなったということはありませんか?

敏感肌であって乾燥肌でもある場合はとくに保湿をしていかないと肌がカサカサしてしまうという問題もあると思いますので、それを防ぎたくて化粧水を使っているのに逆に痒くなってしまったりして元も子もない状態になってしまうということもあるかと思います。

ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_s

敏感肌を治したくてそれに適しているはずの化粧水を使っているのにかゆみが出てきてしまうということは、その化粧水が肌や体質に合っていなかったということが考えられますが、それ以外にも色々と考えられる原因があります。

肌のバリア機能が弱くなっている

化粧水をつけて肌がかゆい状態になってしまうということは敏感肌であること以前に肌のバリア機能がかなり低下してしまっている可能性があるかと思います。

肌のバリア機能が低下すると汗や摩擦などといったちょっとした刺激でも肌トラブルを起こしてしまいやすい状態となってしまいますし、体の内側からは水分が逃げていくので放っておくと肌がカサカサになってしまう場合があります。

かといってその対策として化粧水を塗ってもその化粧水に含まれている成分にも負けてしまうことから肌が痒くなってしまうというところがあります。
肌のバリア機能はそれだけ影響力の強い問題であって、保湿をしようとしても逆効果になることがありますし、対処方法には苦慮する結果になってくる場合が非常に多くなってきます。

肌のバリア機能を強化しながら敏感肌対策をしよう

まずは化粧水を使ってもかゆみが出てくるようであれば肌のバリア機能をしっかり高めていきながら刺激に負けてしまうことがなくなるような強い肌を目指していくことが重要となります。

間違った認識のままスキンケアを行ってしまうと肌に合わない化粧水をやサプリメントなどを行ったり来たりしてしまうことになってしまって、余計な出費が増えるだけですので着実に肌バリア機能を強化していきながら総合的に敏感肌を解消するのが近道です。

かゆみが出ない敏感肌対策としてとくに今注目されているのが水素水を使ったケアになります。

水素水には体内の悪玉活性酸素を除去したりしながら肌のバリア機能を高める作用があります。

水素水には刺激があるような余分な成分は一切含まれておらずに純粋に水と水素から成り立っているということもあって、飲んでも肌に直接つけても体にかゆみがでてくるような心配は一切ありません。

飲んで体の内側から綺麗にしていきながら敏感肌の対策をして、乾燥してしまったり荒れてしまいがちな気になる部位に直接水素水をつけて刺激のない保湿をしていくという使い方をして対策することが可能です。

参考までに敏感肌の対策として最も効果的な水素水はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です