蓄膿症による頭痛でこめかみが痛い!緩和するための適切な方法

蓄膿症によって激しい頭痛がしたり、こめかみが痛いというような症状が表れてきて困ってるというっことはありませんんか?

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

蓄膿症とは副鼻腔炎とも言われる病気で副鼻腔に何らかの原因によって膿が蓄積されてしまうことから息が詰まってしまったり、炎症を起こしてしまったりする症状のことを言います。

突然頭痛が始まったと思ったらいつまでたってもその頭痛が治まらなかったり、連日その頭痛が続いてしまうようなケースもあります。

そもそもなぜ蓄膿症で頭痛がしたりこめかみのあたりに痛みが集中してくるのでしょうか。
その原因と症状を少しでも緩和するために役立つ方法について解説していこうと思います。

蓄膿症の原因は免疫力の低下にあり

蓄膿症の症状がでてきてしまう原因となるのは体の免疫力が低下しているときに風邪菌などが入り込んでしまったり、花粉症などのアレルギー成分が体内に入ってその影響による炎症が起こってしまうところにあります。

免疫力の低下については以下のようなものが大きく影響しています。

  • 偏食が続いていることによる栄養バランスの低下
  • 長期間にわたるストレスの蓄積
  • 大気汚染による空気感染

こういった問題によって体内に活性酸素が溜まったり、疲労物質などが蓄積したままの状態になってしまうと風邪ウィルスなどに対抗するための免疫機能が本来の働きをすることができなくなる場合があるのですぐに風邪をひいてしまったりしやすい状態となります。

風邪をこじらせてしまうことで蓄膿症にかかってしまうこともありますし、かかってしまった風邪ウィルスが普通のウィルスよりも強力なものだったりするとまた蓄膿症にかかる可能性が高くなります。

蓄膿症で頭痛がしたりこめかみが痛くなるのはなぜか

蓄膿症と言ってもいろいろな症状があるのですが、中でもなぜ頭痛やこめかみの痛みなどの症状に発展してしまうのかというところについても解説していきましょう。

その原因となるのは風邪のウィルスが頭の中にまで入り込んでしまうということがまず一つ。

そしてもう一つは蓄膿症が起こってしまう原因ともなっている活性酸素の影響によって血液がドロドロになっていたり、血圧が高くなってしまっているということがあります。

あまり症状がひどくなると頭の痛み程度では済まなくなってきて心筋梗塞や脳梗塞などといったような重大な病気につながってしまうケースもあるのであまり軽視できない状況にあると言えます。

蓄膿症による頭痛を緩和する方法

まずは風邪などの症状があるならなるべくその症状を長引かせないように外ではマスクをつけてこれ以上菌や花粉が入り込まないように対策をしたり、しっかりと睡眠時間を確保して最低限の体力や免疫機能を維持するということは必須です。

さらに早く症状を緩和させるためには体内に溜まっている活性酸素などを除去していきながら、低下している免疫力を復活させるようにしていくのが理想的です。

私が実際に蓄膿症による頭痛で苦しんでいた時は体内の活性酸素を除去していくために当時から抗酸化作用が強くて体に悪影響を与える活性酸素のみを効率的に除去できると言われていた水素水を使って対処しました。

P1010633

その時はものの数日で蓄膿症による頭痛などはなくなっていったのでかなりの効果を実感することができたのを今でも鮮明に覚えています。

もし今蓄膿症の症状で頭痛がでてしまって困っているという場合や、よく頭痛やこめかみの痛みに悩まされることが多いから症状が起こらないように予防したい!と言った思いがあるのであれば水素水を使いながら対策をするのが適しています。

私が実際に蓄膿症の改善をする時に使った水素水はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です