ロキソニンなどの鎮痛剤の副作用が怖い!他できる対策方法は?

頭痛や生理痛などの痛みが厳しいときについついロキソニンなどの鎮痛剤を使ってしのいでいるという方も少なくないと思います。

364b61a4255dec4fe3324727865ce351_s

確かにあまりにも痛みがひどくて耐え難いときにはロキソニンなどを飲まないと他に何もできなくなってしまいますし、痛いから寝ようとしても痛みが酷すぎて眠れない・・・というような悪循環に陥る場合があるので結局いつも鎮痛剤を服用せざるを得ない状況になってしまうというケースもありますよね。

しかしそういった鎮痛剤を使うことによって起こりうる副作用については考えたことはありますでしょうか。
ロキソニンには解熱や鎮痛、さらに体内の炎症など抑制する強力な作用がありますが、その一方で使い続けることによって様々な副作用がでてくるリスクもあります。

ロキソニンなどの鎮痛剤で起こりうる副作用

鎮痛効果が高いということもあって、高い痛み止めの効果があるのはいいのですが、以下のような副作用が起こってくる可能性があります。

  • 胃潰瘍
  • アレルギーなどの発疹がでる
  • 食欲不振
  • 吐き気や嘔吐
  • 腹痛や下痢
  • めまい
  • むくみ

1度や2度の服用でこのような副作用がでてくることはほとんどありませんが、使っている頻度が高かったりすると身体の免疫機能が低下してきてしまうために上記のような副作用が起こってしまう可能性が徐々に高まってしまいます。

もし既にこのような症状が出始めてしまっていると言うような場合は一度ロキソニンなどの服用を中止して、出来る限り早めに医師に相談するようにしたほうがいいですね。

あまり多量にロキソニンなどの鎮痛剤を飲んだり、少し体調が悪くなってきたり何か副作用の前兆となるような症状が出始めているのにそのまま使い続けていると最悪の場合は心臓病にかかってしまたり、肝臓や腎臓に大きな症状がでてくることもあるので注意が必要です。

ロキソニンなどを飲みつつも副作用を抑える方法

鎮痛剤を飲んでいて今回のような副作用となる症状がではじめるのは決まって体の免疫力が低下してしまうというところに原因があります。

そのためロキソニンを飲んでいても副作用などがでないようにするためには、免疫力が下がらないようにするということが一つの対策手段となります。

免疫力を下げないようにするためには、体の中の免疫機能を下げる原因となる活性酸素などを除去していきながら常に老廃物の少ないクリーンな体内環境を維持するようにしていくのが理想的です。

DSC02976

そのためには高い抗酸化作用があるということで、病気の予防や健康維持のために使われることが多い水素水を一緒に飲むようにしていくのが効果的となっています。

水素水を飲むことで体内の免疫機能は高いままで維持することができるようになるので、風邪やインフルエンザウィルスなどに対する免疫がつくということもありますし、今回のような鎮痛剤の服用による副作用が出てしまうことを未然に防ぐだけの免疫力をつけることも十分可能となっています。

あまり鎮痛剤は多用するべきではありませんし、飲まなくてもしのげるのなら飲まない方がいいことに違いはありません。しかし、どうしても飲まないと耐えられない時は誰しもあると思います。

そういったときに副作用が心配で飲めないのなら、水素水を飲みながら免疫力をキープするようにしていけば比較的安全に服用していくことが可能となります。

【体験談】体内の免疫機能アップにつながる水素水を実際に飲んでみた

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です