中性脂肪が低いのにコレステロールが高い場合の対処法とは?

会社や学校などでは毎年健康診断を行ったり、病院で検査をしたときに血液中の中性脂肪が低いと診断されているのにコレステロール値が高いといったように診断されてしまった・・・といったことはありませんか?

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

一見すると中性脂肪が低いならコレステロール値も低くなっていきそうですし、中性脂肪が高ければそれに合わせてコレステロール値も高くなっていくのではないかというようなイメージも強いと思います。

そんな中でも今回のように中性脂肪が低くてコレステロール値が高いのはなぜなのでしょうか。

中性脂肪が低いのにコレステロール値が高い原因

今回のように悪玉コレステロール値が上昇してしまう主な原因として考えられるのは普段の食生活の中で、以下のような食材の摂取量が少ないということも考えられます。

  • 魚介類
  • 緑黄色野菜
  • 海藻類

そのため摂取するエネルギーの総量自体は少なかったとしてもコレステロール値を高めてしまうような肉類、乳製品、卵料理などを食べるようになってしまうと中性脂肪が低くてもコレステロール値が高いというような状態になってしまうことがあります。

その他ストレスの蓄積であったり過労などによって体の中に活性酸素が蓄積するようになるとそれもまたコレステロール値を高めてしまう原因となってしまいます。

ストレスが溜まると人体は勝手に防御耐性に入ってしまうために体の内部が酸化してきてしまいます。
そうすると体の中では脂肪組織や肝臓から脂質を取り出すようになって血中にもコレステロールが流れていきます。

簡単にまとめると食生活のバランスの悪さとストレス要因によって蓄積した活性酸素の影響が今回のような中性脂肪とコレステロール値の乱れを招いているということになります。

中性脂肪が低いとこんな危険性もある

中性脂肪が低いということは、実は危険性もあることでもあります。
脂溶性ビタミンが不足することから神経機能が低下してきていめまいを引き起こしてしまったり、神経痛などといったような症状がでてきてしまうこともあります。

中性脂肪が高いということもそれはそれで危険性があるのですが、低すぎるのも問題です。
ちょうどいい数値を維持していくのが健康的な生活を続けていくためには重要となってきます。

中性脂肪が低いのにコレステロールが高い症状は水素水で改善できる

水素水を飲むようにすることで抗酸化作用によってストレスや生活習慣の乱れによって体内に蓄積してしまっている活性酸素を除去することがきるようになっています。

そのため中性脂肪が低くてコレステロールを高い状態になってしまう原因を根本から改善することができるということになっています。

DSC02974

また、水素水には体内や血中に溜まっている老廃物や不純物などをデトックスさせていく働きもあるので血液をサラサラにして血流を良くしていくこともできるようになります。

健康診断などで中性脂肪やコレステロール値の数値が正常とはちょっとかけ離れてしまっているような異常値が出ているような時は水素の力を活用して体内からしっかりキレイにリセットしていくようにすると効果的です。

コレステロール値の改善に適したコスパの高い水素水とは?

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です