中性脂肪だけが異常に高い原因と改善策とは?

健康診断などで検査をした時の数値を確認すると中性脂肪だけが異常に高いということで今後の病気や体調不良へのリスクなどを考えて不安になってしまうこともあるかと思います。

特に中性脂肪が異常なまでに高いと以下のような深刻な病気に発展してしまうこともあります。

  • 動脈硬化
  • 高脂血症
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞

また、中性脂肪が高いということは食生活の乱れが数値に現れているということも一部あるので、肥満体型になってしまったり、すでに肥満であるから中性脂肪が高くなってしまっているということもあります。

そんな異常なまでに高い状態となってしまった中性脂肪をどうやって改善していけばいいのか解説していきます。

中性脂肪が異常に高い状態とはどのくらい?

まずそもそも中性脂肪が高い状態というのは数値的にどのくらいのものを指すのかというところなのですが、基準値としては50~149mg/dLほどとなっています。そのためもしも検査によってそれ以上の数値が出てしまった場合は脂質異常症とも言える中性脂肪が高い状態になっているということが言えます。

たかが数値といった形で軽視してしまう方も少なく無いと思いますが、中性脂肪の数値が高いということは放っておくと先ほども挙げたような病気にかかってしまったり、血液の粘度が高まって血管が詰まりやすくなるといったような危険性もあります。

中性脂肪が異常に高くなる原因は?

では中性脂肪が異常値を示すほどに高くなってしまった原因はどこにあるのでしょうか。
中性脂肪が高くなる原因とされているものには以下のようなものがあります。

  • 過食
  • アルコール摂取量が多い
  • 運動不足
  • 遺伝

などがありますが、特に数値が異常なまでに高くなってしまうのはこの中でも過食と運動不足による影響が大きいと言われています。
ついつい食べすぎてしまうことが多くなると摂取カロリーが多くなりますのでそれだけ過剰なエネルギーが体内に取り入れられる状態となります。

しかし運動不足によって消費エネルギーが少ない状態になると取り込まれたエネルギー量に対して消費できるエネルギーの割合が少なくなりすぎてしまいます。

そうなると当然エネルギーは体内で余ってしまうことになるので、余分なエネルギーが中性脂肪となり、皮下脂肪や内臓脂肪となって脂肪組織の中に蓄積されるということになります。

またアルコール量が多い生活を続けていると中性脂肪を分解する役割を持っているリポ蛋白リパーゼと呼ばれる酵素が上手く働かなくなってくるので、それが原因で中性脂肪が高くなるということもあります。

確かにお酒好きだといきなりお酒を辞めるのも難しいですし、お酒を飲むとその反動で食欲が増して食べすぎてしまうという悪循環にもなりがちですね。
その他大体3割くらいは遺伝の影響をうけることもあると言われていますが、影響度合いからしてそれ以外の生活習慣を改善できれば中性脂肪の数値を正常値へ戻すことは十分可能となります。

中性脂肪の数値を下げて健康体を維持するには?

異常なまでに高まってしまった中性脂肪の数値を落とすためには過食はしないようにするとか、運動不足を解消するというようなことはもちろん自らの意思で出来る限り取り組むべきことではあります。

しかしそれだけでは中々現状の中性脂肪を素早く落とすのが難しいのも事実です。

少しでも早くて楽に中性脂肪を落とすためは水素水を飲むようにすると効果的です。

DSC02972

私も過去に健康診断を受けた時には中性脂肪とコレステロール値で異常値がでてしまって再検査になったことがあるのですが、その際に中性脂肪やコレステロール、血糖値などに効果が高いと言われる水素水を飲み始めてからは約2ヶ月程度で数値が下がって正常値まで戻すことができました。

1日1本の水素水を飲むことで中性脂肪を落とすことができて、それからは体調も常にいい状態をキープできています。
実際に私が水素水を使った効果や体験談を以下にまとめてありますので、使ってみようかなと感じた場合は以下の記事もチェックしてみてください。

中性脂肪を改善できた水素水の効果と体験談まとめ

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です