中性脂肪が低いと疲れやすい体質になる?

中性脂肪が低い数値だから体型としては太っているのに大丈夫だろうと安心している方もいると思うのですが、中性脂肪が低いと疲れやすい体質になってしまう可能性があると言われています。

eb586a0801e5c2e686e45cacc628cada_s

疲れやすい体質になってしまうということは必然的に体を動かす量が減ってきたりするので次第に運動不足などによって肥満へつながっていくこともあります。

そもそもなぜ中性脂肪が低いと疲れやすい体質になってしまうのでしょうか。

中性脂肪が多少低くても疲れやすい体質になること基本的にはない

中性脂肪というのは実は単なる脂肪というわけではなく、人間の体を動かすために使われるエネルギーの源となる物質でもあり、トリグリセリドと呼ばれています。よく健康診断の結果などをみるとTGと略されて記載されています。

食べ物などから摂取した脂質は小腸から吸収されて血液中に入っていき、生命維持活動を維持するために使われていきます。
そして摂取量が多かったり、運動量が想定よりも少なかった場合はエネルギーとして使い切れないために中性脂肪となって蓄えられるようになっていきます。

中性脂肪が低いということはエネルギーの原動力が足りないということになりそうですが、実際はそういうわけでもありません。
あくまでもエネルギーとしての脂質が余った余分な部分が中性脂肪となるわけなので、かりに中性脂肪が少なかったとしても基本的にエネルギーが足りないということにはならないからです。

中性脂肪が低すぎると体力が無くなる場合も

中性脂肪が高いと当然肥満状態になってしまうので、肥満が原因で体力が低下してしまったり、体調がすぐに悪くなったり病気にかかりやすいということにつながります。

中性脂肪が多少低い分には特に大きな問題はいのですが、基準値よりもかけ離れてあまりにも低すぎると疲れやすくなったり、体力がないように感じる人も出てくるようです。

中性脂肪を適正値に保ちつつ疲れにくい体質をめざすには?

中性脂肪についてはできるかぎり低すぎず高すぎず適正な数値を維持するように努めていくのが理想です。
とはいってもどうやって数値を調整すればいいのか、把握している人は少ないと思います。

また中性脂肪に影響されることなくそもそも疲れにくい体質をめざすようにしていけば普通に生活している分にはめったなことでは疲れることがないので快適な生活を送ることが出来るようになります。

私は中性脂肪を適正値に保ちながら、疲れにくい体質を手に入れるために体内の疲労物質や悪玉活性酸素を除去できる抗酸化作用を持つ水素水をつかうことでバランスの取れた数値を維持できるようになりました。

水素水には中性脂肪だけでなくコレステロール値などを改善する効果もあるので健康診断で異常値を示していていたような場合は水素水を飲むだけで手がるに健康維持をしていくことも可能となっています。

体がすぐにだるくなってしまったり重くなるような疲れやすい体質に困っているという場合は水素水を飲んで体の中から疲労の原因となる物質を外に出してあげるようにすると効果的です。

実際に飲んで効果の高かった水素水比較ランキング

最もコスパの高い人気の水素水の体験談

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です