MENU
水素のお部屋!水素水を実際に使用した効果と口コミ TOP  >  若返り  >  コエンザイムQ10は効果なし?本気でエイジングケアするには?

コエンザイムQ10は効果なし?本気でエイジングケアするには?

b01fd8eca8769bf856efd7f3a97ef738_s

コエンザイムQ10が高い抗酸化作用があるため、アンチエイジングを行っていくために効果的であると言われています。

しかしその一方でコエンザイムQ10の効果や効能は科学的に証明されているものではないとして本当は効果なしなのでは?という話もでてきています。

消費者側としては抗酸化作用に期待して使ってみようかと本気で悩んでいるところにこのような話が出てくると、使うべきなのかそれとも使うべきではないのかというところで無駄な時間を使ってしまうことになります。

コエンザイムQ10は効果なしなのか

一般的にコエンザイムQ10は心筋梗塞や心不全、狭心症や高血圧といったような生活習慣病の予防や、エネルギー代謝の効率をアップさせることによるダイエット効果や美肌効果などが期待されている成分です。

なぜそういった効果が期待されるのかというと、コエンザイムQ10に強い抗酸化力があるとされているからです。

確かにコエンザイムQ10は体の中のエネルギー生産にも大きく関係する補酵素ということでヒトが健康を維持しながら生命活動を続けていくためには必要不可欠な存在でもあります。

しかし、結論を言うとコエンザイムQ10は期待されるほどの効果が得られない可能性の方が高いため効果なしと言わざるをえない部分があります。

コエンザイムQ10が効果なしと判断される理由

それではなぜこれほどまでにその高いと言われる抗酸化作用で有名になったコエンザイムQ10が効果なしなのか。

その具体的な理由についてもしっかり解説していきます。

分子が大きいため摂取しても体の隅々まで行き渡らない

確かにコエンザイムQ10自体に抗酸化作用があるということは確かなのですが、問題となってくるのはコエンザイムの分子の大きさが大きすぎるために体内に取り入れてもきちんと体の隅々まで行き渡らない場合があるということです。

いくら抗酸化力がとんでもなく強かったとしてもそれでは摂取しても働くことができる場所が限られてきてしまいます。

全く効果がないとまではいいませんが、それでは限られた効果しか得られないわけですし実感できるレベルの効果が出にくい原因にもなりえます。

体の中心部などにしか届かない

小さい分子であれば脳内から手足、皮膚などありとあらゆる体の部分にまで届けることが出来ますが、コエンザイムQ10については分子の大きさが影響してか摂取しても体の中心部くらいにしか届けることができません。

 

入りたくても脳内まで大きさ的に入り込むことができないので、脳の血流をを改善したり脳内の活性酸素を除去していくことができなくなります。

活性酸素は体の隅々まで満遍なく溜まっている場合が多いですので中心部のみの活性酸素を除去できたところで体全体としてみた時にはまだまだ活性酸素が優勢な状況を変えていくことが出来なくなります。

体に必要な善玉活性酸素まで除去してしまう

体に害を与えて老化や病気の原因を作り出すとされる活性酸素ですが、その中には実際に害のある悪玉活性酸素と体に必要とされる善玉活性酸素が存在しています。

コエンザイムQ10が届く範囲の話にはなりますが、その両方の活性酸素を除去してしまうようになるので健康作用が多少あっても、一部ダメージを受けてしまうことにもなります。

 

これが意外と無視できない問題でもあり、体に侵入してきた細菌などを退治するための過酸化水素などの善玉買っさえい酸素が減少してしまうことからウィルスや細菌に対する抵抗力が弱まる可能性などが懸念されます。

本気でエジングケアをしていくならどうすれば?

CRI_IMG_6008_TP_V

表面上の抗酸化力だけをみてコエンザイムQ10を使おうとしても、ここまで解説してきた内容から思ったほど効果がなくてがっくりしてしまうことが多くなっています。

そのため本気でエイジングケアをしていくのであれば、「分子の小ささ」に特化している水素水を使っていくのが理想的です。

見た目の抗酸化力よりも重要な水素の浸透力

水素分子は抗酸化力自体はコエンザイムQ10 よりも低くなっていますが、分子が非常に小さいので体の隅々まで場所を選ばずに行き渡らせることができるようになります。

もちろんコエンザイムでは届かない脳内や手足の先から肌までいたるところまで水素が届くので、体中の悪玉活性酸素を根こそぎ除去していくことができるようになります。

体に害のある悪玉活性酸素だけを除去できる

コエンザイムQ10のデメリットの一つでもあった善玉活性酸素までも除去してしまうというリスクについては水素水を使ってエイジングケアをしていく場合は無縁な問題となります。

P1020104

 

水素水は脳や生殖器などにも入り込むわけですが、そこにある悪玉活性酸素だけを狙い撃ちして除去していってくれるので摂り過ぎて害があるような心配もありません。

使い切れなかった水素はそのまま体外へ排出されていくので取り残されてしまうこともありません。

結論:コエンザイムQ10よりも水素水を使うのが確実なエイジングケアに

ここまでコエンザイムQ10はなぜ効果なしと言われるのか、その詳しい内容について様々角度から解説をしてきました。

結果としては、全く効果なしとはいえないものの、分子の大きさから期待通りの効果が得られない場合が多いということです。

より確実にエイジングケアをしていきたいのであれば、分子の小ささと活性酸素に対する正確さが求められるようになります。

現状ある方法としては水素水を使っていきながらエイジングケアを行っていくのが最も適している方法となります。

参考までにアンチエイジングに特に効果的な水素水はこちらです。

(※レビューページへのリンクとなります。)

コスパと効果を重視した最強の水素水を実際に使った総合評価

飲みやすさと価格の安さに定評のある一番人気の高濃度水素水。キャップ付きの飲みやすいアルミパウチ採用

業界最高峰の水素濃度3.0ppmを特許取得で実現した水素水。早めに効果を実感したい場合におすすめ。キャップ無しアルミパウチ。

同じカテゴリー「若返り」の一覧

CRI_IMG_6008_TP_V

コエンザイムQ10は効果なし?本気でエイジングケアするには?

コエンザイムQ10が高い抗酸化作用があるため、アンチエイジングを行っていくために効果的であると言われています。 […]

記事の続きを読む
50f0a05bbe2dd760c7a1b9200666ce41_s

エイジングケアに化粧水よりも水素水の方が効果的な3つの理由

エイジングケアを行いながら長い間若い肌を保っていきたい!と考えている女性はたくさんいると思います。そこで肝心な […]

記事の続きを読む
bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s

エイジングケアは何歳から始めるべき?手遅れになる前に対策を!

最近はわりと若い段階からエイジングケアについて気にされる方も増えてきていますが、そもそもエイジングケアは何歳か […]

記事の続きを読む
bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s

老けて見られる原因はここに!今からでも間に合る老け対策とは?

実年齢よりも老けて見られるとへこみますし嫌で嫌で仕方ないですよね。 まだ20代なのに「30代かと思った!意外と […]

記事の続きを読む
00c41494b7655fbc93b7dfc122b6d294_s

20代の老け顔が本当に嫌!改善するために役立つ具体的な方法とは

まだ20代なのに老け顔で悩むのなんて本当は嫌だけどやっぱり気になって仕方ない・・・ということでなんとかして老け […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

水素姫のプロフィール

当サイトでは私水素姫が水素水を実際に試して感じた効果を中心に全て本音でレビューしています。水素水で解消できる悩みやトラブルなども実体験を交えながお伝えしていきます。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 水素のお部屋!水素水を実際に使用した効果と口コミ

    ページトップ