大腸がんが水素水で解消できたというのは本当?

継続的に鈍い腹痛や下痢などに悩まされていて、これはもしかして何かの病気なのでは?という不安や大腸がんである可能性がでてきた・・・ということで不安とストレスにまみれているということはありませんか?

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

最初はただの腹痛だし、風邪か何かのウィルスがお腹に入ってしまったのかな?

といった軽い気持ちでいてすぐに治るだろうと考えていたのにあまり症状が続くようだと少しづつ不安になってくると思うのですが、症状を調べている間にこれは大腸がんかもしれないということに気がついてしまったという人もいると思います。

おそらく大腸がんであるかもしれないということが頭の中によぎっただけでも焦りと不安で耐え難いくらいに辛い状態になってしまうかと思いますし、大腸がんだと既に判明している場合はなおさらショックを受けてしまうかと思います。

大腸がんは水素水で治るというのは本当?

実は大腸がんなのですが、アンチエイジングや美容効果などで注目されている水素水を使って治療することができるという話が出回っています。

実はこの話はデタラメなどではなく、本当に大腸がんが見つかった人が水素水を定期的に飲むようになって体の中に水素を取り入れるようになってから7ヶ月で腫瘍マーカーが正常値以下になって完治したという結果が出ています。

その方は50代の男性だったそうなのですが、がんの手術を受けても再発してしまったりして常に不安な毎日を過ごしていたそうだったのですが、水素水を使っていくことによって症状が少しづつ治まっていくのが実感できていたそうなので安心感があったとのことです。

水素水はグイッと飲むと体の中に浸透していく感触があるので普通に美味しいということもあってやみつきになるので、毎日飲むのも苦じゃなくてむしろ楽しみになるというような特徴もあります。

なぜ水素水を飲むことで大腸がんが治るのか

水素水を飲み続けることで大腸がんが治ったという人がいても「なぜ治ったのか」というところがわからないと本当なのかどうか信用できない・・・という方も多いと思います。

まず大腸がんをはじめとしたがんであったり生活習慣病などの病気にかかってしまうそもそもの原因として体の中に活性酸素が溜まってしまっているというところがあります。

活性酸素は血管の働きを阻害したり、体の老化や癌化を促進してしまうという特徴があるのですが、水素水の持っている活性酸素を消す働きである「抗酸化作用」によって体にとって害となる活性酸素のみを抽出して排除することができるようになっていきます。

水素水を飲んで体内に水素を浸透させていくようにすることで体の中にある活性酸素を除去できるからこそ生活習慣病や今回のような大腸がんの治療などに直接的な効果があるということになっています。

飲んだ瞬間に症状が治まるということではなく最低でも3ヶ月程度は様子を見ながら使っていく必要があるので即効性には少々かけるかもしれませんが、着実に解消していく効果のある飲料ということで今注目を集めています。

一番人気の水素水「水素たっぷりのおいしい水」の効果と体験談はこちら

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です