元気なのに熱が下がらない!対処するにはどうすべき?

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s

普通は風邪で熱を出したりすると頭が重くなって頭痛もしてひどく体調が悪くなるのでとても元気とは言えない状態になると思います。

しかしなぜだから元気なのに熱が下がらないというような不思議な現象が起こったことはありませんか?

子供は特にこのように元気は有り余っているのに熱が全然下がらないような状態になることがあるようですが、その一方で大人でもまれにどうようの状況になることがあります。

なぜ元気なのに熱が下がらないのか

特に体調が悪いということもなく、わりと元気だと感じているような状態でも熱を測ってみると39度ほどあったりすると「え、なんだこれ!」とそのギャップに驚く事になると思います。

1.インフルエンザの可能性

  • 食欲も問題なく普通にあるし食べられる
  • 頭痛がするということもない
  • 寝ようと思えば普通に寝れる
  • 熱がある意外に目立った体調不良が見当たらない

この場合は一般的な風邪による熱の影響ではなくインフルエンザなどのウィルスにどこかのタイミングで感染してしまった影響が出ている可能性が高くなっています。

インフルエンザにかかっていても必ずひどく体調を崩すというわけではなく、感染した人の体質やその時の体調などによってどの程度の症状が出てくるのかというところについては違いがでてきます。

とても熱が出ているとは思えないような調子で普通に生活ができているとこのまま放っておけば治るのではないか?という感覚になることもあると思います。

もちろんそんなに甘いものではなく、放っておくだけでその熱が下がるということもありませんし、きちんとした対処をしていく必要がでてきます。

2.肺炎の可能性

またインフルエンザ以外にも今回のように風邪でもなく元気はあるのに熱がでる症状が出てくる可能性があるのが肺炎となっています。

肺炎の症状の特徴としては発熱が治まらなくなったり、胸に痛みを感じたり咳が止まらないなどといったものがあります。

風邪に非常に似ているといえば似ていますが、風邪薬などを飲んでも全く治らないのが肺炎となっており、風邪とは違って自然治癒も難しく長引きやすいという特徴があります。

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s

熱が出ているということに加えて、多少なりとも咳が出ているかもしれないという場合はインフルエンザよりも肺炎の可能性を疑うべきでしょう。

最近ではマイコプラズマ肺炎というウィルス性の肺炎が流行しているので注意していかなければいけません。

元気なのに熱が下がらない症状を改善するにはどうすべき?

病院に行って薬を貰って解熱しようとしてもなかなか治らない事が多いのが今回のような症状の特徴となっています。

心配な場合は小さな病院ではなくできるだけ大きな総合病院で一度診察を受けてみて予想ではなく検査の結果から原因をしっかり見つけてから対処をしていく方がより確実です。

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

また、少しでも早く症状を改善するということに加えて、再発の可能性などを極力低くするためには体の内側から免疫力を高めるようにしていく必要があります。

水素水によるウィルス対策方法が効果的

そもそもなぜインフルエンザやマイコプラズマ肺炎などに感染してしまったのかという根底にある原因をみると体の中に悪玉活性酸素が溜まっていることから免疫力が低くなっているというところにあります。

還元作用の強い水素水を飲むようにすることでそんな悪玉活性酸素を一気に体の中から排除することができるのでクリーンな体内環境を作り出して免疫力を高めることができるようになります。

P1010637

病院に通って対処をするにしても水素水を飲んでいるのといないのとでは治りのスピードも全く違ったものとなります。

また冷えた水素水を体に取り入れることでウィルスの影響で上がりきった熱を適度に下げつつ、症状を改善していくことができるようになるのでなかなか下がらない熱の対策としては非常に有効な手段といえます。

元気なのに熱が下がらないという症状を改善させる目的で選ぶのであれば水素濃度1.2ppm以上の高濃度水素水かつ水素が逃げないようにアルミパウチ容器が採用されているものに限ります。

薬を使っても一時的に熱を下げることはできても免疫力まで高めることはできませんが、水素水であれば免疫力からしっかりサポートすることがきるというところがポイントです。

>>熱を下げ免疫力を上げる!水素水を使った効果と購入体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です