針で刺すような痛みが体や顔にくるのはなぜ?痛みの対処法とは?

最近なぜか突然体や顔に針でさすような痛みが走ってしまうということはないでしょうか。
普段は特に痛みが走ることはないのにちょっと体を動かしたり、ストレスを感じたようなタイミングでいきなりその痛みが出てくると痛すぎてかなり辛いですし、かなりストレスが溜まりますよね。

990d21bbeeb1cac8ea4d4168196e27e9_s

何かの作業に集中している時にいきなり針でさすような痛みが走るととても集中していられる状態ではなくなりますし、人と会っていたりするようなタイミングで痛みが来ると平静さを装うことすら難しい状態になるのでこれもまたストレスになります。

(注目記事)神経からの痛みを原因から改善できる水素水の効果を確かめてみた

なぜ顔や体の一部に針でさすような痛みがくるの?

実際に針か何かが刺さっているんじゃないの?というような錯覚をしてしまってもおかしくないくらいの痛みが定期的にくる場合は神経が何かの原因で傷んでいるという可能性があります。

  • 最近定期的に酷くストレスに感じることがある
  • 肥満気味の状態が長く続いている
  • 極度の運動不足により筋肉がこわばっている
  • 腰や足が冷えていることが多い

このような生活習慣などによって知らない間に神経が傷んできて弱くなっていることがあります。
ストレスが溜まる環境に身を置かないようにしたり、できるだけストレスを感じたら早いうちに発散させるようにしていくように心がけるということも大切です。

肥満の状態が続いていると血液がドロドロになってきて体の免疫機能などに異常が出てくる場合があります。
肥満気味であるのであれば痛みを回避する目的でできる限り肥満を解消するためにダイエットなどに取り組む方がよいでしょう。

ただし肥満には注意が必要ですが無理なダイエットや体に負担の大きすぎるダイエットを急にはじめると、それもまたストレスの原因になります。
食事内容を調整したり、適度な運動を生活に取り入れるようにするなどして少しずつ痛みの対策をしていくようにするのが理想的です。

1ddcb71764db1a0ca6e3a98020a9f9ac_s

同時に肥満気味ということは運動不足である可能性も高いと思われますが、運動があまりにも足りていないと体のあちこちの筋肉がこわばってしまいます。筋肉のこわばりが神経に伝わって針でさすように体が痛んでしまう原因にもなるので、ダイエットに取り組むのであればストレッチなどもしながら凝り固まった筋肉をほぐして、それから体を暖めながら運動をしていくようにしましょう。

その他、冷え性もちで足や手が凍るように冷たくなって冷えることがよくあるというような場合も血液の流れに問題があることが多く、そこから神経系統に異常がでてきて痛みに繋がるというケースもあります。

頻繁にくる針でさすような痛みにはどうやって対処する?

大体痛みというのは共通して脳に信号が送られた時に感じるものです。
針で指すような痛みで、実際に針が刺さっているわけではないということは非常に小さい傷などが神経経路にできている場合があります。

怪我をしているとか、実際に針や棘などが刺さった傷が皮膚の表面にできているのであれば話は別ですがそうではない場合は体の内面に問題があるということです。

痛みが本当に耐え切れないくらいに酷い場合は一時的にロキソニンなどの痛み止めを少しの間だけ服用しながら、体質改善をしてくようにすることをおすすめします。

生活習慣を一度に変える自信がないという場合は、水素水を使って体の中に溜まっている毒素をデトックスしていくと非常に効果がでてくるのが早くて楽になります。

水素水にはストレス要因の活性酸素を除去したり、代謝を高めてダイエットをすることも可能ですし、強力なデトックス作用もあるので体の内面から痛みの原因を根本的に解消していくことができるというメリットがあります。

【体験談】針で指すような痛みに効果がある水素水を実際に飲んでみた

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です