飛行機に乗ったら頭痛がする原因は?症状を改善ポイント

飛行機に乗ったら頭痛がしたり、飛行機に乗って降りた後から酷い頭痛に襲われるという経験はありませんか?

93b1e91a7d4b14900b7693e79f78bc0a_s

長時間のフライトになったりするとそれだけ辛い状態になりますし、もしも飛行機に乗っている途中で頭がズキズキと痛みだしたりしたら目的地に着陸するまでの時間が本当に辛いですしすごく長く感じてしまってまるで拷問を受けているような気分になってしまいますよね。

たまたま今回は体調が悪かったのかな?と思っていたら飛行機に乗るたびに同じような状況になってしまうことに気がついたりすると、もうこんなに辛いなら楽しいはずの旅行も楽しくないし行きたくないかも・・・といったネガティブな考えになってきてしまうこともあると思います。

しかももしそのフライトが楽しい旅行だったらまだいいですが、行きたくもない仕事関連でのフライトだったりするとなおさら憂鬱な気分になって胃が痛くなりますよね。私だったらそうなります。。

今回は飛行機に乗ったら頭痛がしたり、飛行機から降りたら頭痛が急にしてしまうような症状の原因と、未然に防止するための改善策についてご紹介していこうと思います。

気圧の急激な変化によって血管が膨張する

飛行機に乗るということは地上からかなり高い位置まで一気に移動するということでもありますので、当然上空まであがった時には気圧がかなり低い状態となります。

気圧が低いと人間の特性として血管が普段よりも膨張してしまうことが多い傾向にあります。その血管の膨張具合いによって偏頭痛を起こしてしまう可能性が高くなってしまうということです。

これはもちろん全ての人が同じような状況になるという話ではありませんので、当然飛行機に何時間乗っていても全く頭が痛くならないという人もいます。

気圧の影響を受けて血管が膨張し易い体質の人がいるのですが、そこに共通しているのが体内に活性酸素が溜まっているということになるんです。
活性酸素というのはストレスの蓄積や喫煙、添加物の摂取など様々な要因で溜まってしまう有害物質といえるものになっています。

活性酸素が溜まっていることによって肌荒れ、生活習慣病、白内障、関節炎、認知症などといったような様々な症状や病気などにかかってしまうリスクもあるのですが、その影響の一つとして頭痛にも関わる血管の膨張してしまいやすさというところに問題が出てきてしまうことがあります。

飛行機乗る前からできる頭痛対策

今回のように飛行機に乗ったら頭痛がするといったような状況になっている時に対策をしていくとすれば、はじめから体内に活性酸素が溜まっている量が多くならないようにしていくのが効果的なです。

痛み止めや頭痛薬などをその都度服用するという手段もありますが、そもそも痛くなる事自体を根本的な原因から根絶していく方が健康のことを考えたら絶対にいいです。

今回のような症状に最も適しているのは水素水を飲むことで、その抗酸化作用を利用して体内から活性酸素を除去するようにしておくということです。

できれば飛行機に乗る前から飲んでおくようにすると確実ですが、旅先で飲むという方法もあるので、パックの水素水を持っていければ飛行機の中や着陸して降りた後などに飲んでそこでも対策をすることが可能です。

飛行機に乗っている間にあまり水分を取るとトイレが近くなってしまうということもあるので、当日に飲むなら朝起きた後などがベストです。
毎日飲むようにすればいきなり対策をしたりせずとも問題がないのでさらに理想的です。

【注目記事】頭痛などを予防できる抗酸化作用の高い水素水とは?

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です