肥満は夜尿症の原因になるの?ダイエットで改善する秘訣とは?

小さい子供は寝ている間におねしょをしてしまうことがよくあると思いますし、4~5歳くらいまではおねしょをしてしまってもある意味仕方がないこととしてとらえられると思います。

通常は年齢が上がるごとにおねしょをしてしまうことはなくなっていくので特に対策などをする必要もない場合がほとんどです。

f86eb35a6d5487844cc8bce341788f17_s

しかしなぜか年を重ねても夜尿症が治らない場合があります。

その原因について調査をしていると肥満が夜尿症の原因になっている場合があるということが判明しました。仮に現在肥満気味であって夜尿症でもあるという場合は肥満であることが夜尿症が治らない要因になっている場合もあるということです。

ということはダイエットをして肥満が改善できればこれまで治らなかった夜尿症が解消できるのではないかと思いませんでしょうか。

肥満であることと夜尿症の関係性は?

夜尿症の定義としては5~6歳を過ぎても睡眠中に無意識の間に排尿をしてしまうという状況のことを言うのですが、色々とその原因は考えられます。

  • 夜に作られる尿の量が多すぎる
  • 睡眠中に本来は休息をとっているはずの排尿筋活性化する
  • 睡眠覚醒障害で起きられずにおねしょしてしまう

一般的には上記のようなところが原因として考えられる場合が多いのですが、肥満であることによって体の代謝機能が低下していたり、血液が汚れていることから血行の流れが悪くなっていると尿道を支えている骨盤底筋や尿道括約筋などが弱まってしまうことがあります。

そこから寝ている間にお腹に少しでも力や負荷がかかったときにその衝撃で膀胱が刺激されて尿があふれ出てきてしまうというケースがあるようです。

そう考えると現在肥満であるのと同時に夜尿症でもあるという場合は肥満を解消することによって骨盤底筋や尿道括約筋の状態を改善していくことができるので結果として夜尿症を解消することができる場合があります。

水素水ダイエットで肥満による夜尿症を改善

肥満を改善するためのダイエット方法にはいろいろな種類があるのですが、水素水を使った水素水ダイエットを行うことで最もスムーズに肥満による夜尿症を改善できるようになります。

まず水素水には以下のような効果があります。

  • 血液の中の老廃物を除去する効果
  • 代謝を全般的に促進する効果
  • 体内の活性酸素を除去する効果
  • 全身の悪玉物質を体外へと排出するデトックス作用

水素水にはこういった効果があるので体の中を綺麗にリセットしながらダイエットして肥満を改善してくことができるというのが魅力になっています。

飲みながら適度に運動をしたり、食事量のバランスを調整することによってスムーズに痩せることが可能です。

また水素水を飲むようにして適度な有酸素運動を取り入れていくと脂肪燃焼効果が高まるとともに、弱まった骨盤底筋や尿道括約筋を正常な状態に戻していくことができるようになるので尿のトラブルが起きてしまう可能性を限りなく減らすことができるようになります。

費用対効果が高くダイエット効果の高い水素水とは?

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です