冬の乾燥肌とかゆみ対策は体の内面から改善しよう!予想外の対策方法

67a1100cd2bbd705444382bafa1dc5aa_s

夏などの比較的暖かい時期であれば放っておいても肌はそこまで乾燥してしまいうこともなく、かゆみに悩まされるようなこともほとんどないのに冬などの寒い時期になると肌が酷く乾燥してかゆみが悪化して大変なことになるということもありますよね。

今回は冬の乾燥肌とそれに伴うかゆみの対策方法について解説していこうと思います。

なぜ冬に乾燥してかゆみが酷くなるのか

とくに皮膚全体に目立つような異常がないのに痒くて仕方がない!と言うような場合は「皮膚掻痒症」と呼ばれる症状がでてきている場合があります。

原因はストレスや栄養不足、加齢などの影響で皮脂の分泌が少なくなってきて皮膚が乾燥しやすい状態となってしまうこと。そして寒くなるほど空気が乾燥するということもあってより一層皮膚の皮膚の表面にある水分が蒸発するので肌のうるおいが失われてしまう傾向が強くなります。

肌にあるはずの水分が少なくなってくると乾燥肌になるわけですが、そうすると外部から刺激に非常に敏感になるのでかゆみが出てきやすくなります。

  • 髪の毛が肌に触れる
  • 洋服が肌に触れる
  • 化粧品による刺激を受ける
  • 空気の汚れやほこりに負けるj

 

などなど普段ではもともと持っている免疫力が働くことでかゆみが出ることがないように守ってくれているのですが、冬で肌が乾燥している影響で肌のバリア機能が低下するとこんな些細なことでも刺激を受けてかゆみが悪化します。

かゆくても絶対に掻いては駄目!

冬の乾燥肌でかゆみが酷くなってくるとかゆみを我慢するのが難しい状況になってしまうこともあると思います。私も経験があるのでわかりますが、かきたくてかきたくて仕方ない!というような感じで結局かゆいところをかいてしまうものの、かけばさらにそのかゆみが悪化してしまうのです。

かくと皮膚に傷をつけてしまうことになるので、炎症を起こし熱を持つのでさらにかゆくなってしまうという悪循環に陥るようになります。

皮膚をかくとヒスタミンと呼ばれるかゆみを誘発する成分が分泌されるためにかゆみは増す一方になるのです。

冬の乾燥肌とかゆみ対策として何をすればいい?

すでにやっている!という人もいるかもしれませんが、冬の乾燥肌とかゆみ対策としてすべきことをいくつか紹介していきます。

1.部屋の加湿を徹底的に行う

乾燥から皮膚をしっかりと守るためには保湿を徹底する必要があります。まずは部屋が乾燥するのを防ぐという目的で加湿器などをつけてできるかぎり適度な湿度をキープするようにしていきましょう。

2.肌を直接保湿する

まだかゆいだけで掻きむしったりして傷ができていない場合は市販の尿素入りのクリームなどを使って保湿することである程度かゆみを抑えることができます。

お風呂に入った後は皮膚のバリア機能が低下しやすくて乾燥が進みやすい傾向にあるので風呂上がりは必ず化粧水を患部にかけて保湿をしていきましょう。

3.皮膚科に診てもらう

ただ、すでに掻きむしって炎症が起きている場合はそれでは尿素入りのクリームや市販の外用薬では悪化してしまう可能性があるので、一度皮膚科にいってステロイド外用薬をもらって炎症を抑えるようにしていく方が早いです。

4.水素水で体の中からかゆみの原因を排除する

冬に乾燥肌になり、かゆみが増してしまうのは肌の免疫力が低下して肌のバリア機能が落ちてしまうというところに原因があるということをお話してきました。

そのため、体の中から免疫力を高めることができて失われがちな肌のバリア機能を取り戻すことができる水素水を使っていくと効率よく乾燥肌やかゆみを改善することができます。

飲み続けることで体質からしっかりと変わっていくので冬であっても肌が乾燥したりかゆくなってしまうことがそもそも起こらないようにすることができるというのがメリットです。

一度でもあのかゆみの辛さを経験したことがあるのであれば、そのかゆみがもう出てこないということがどれほど魅力的であるか理解できると思います。

ぜひ今回紹介した内容を参考にしていただきながら冬の乾燥肌とかゆみ対策を行って頂ければと思います。

(注目記事)乾燥肌に効く!高濃度水素水を実際に使用した効果と購入体験記

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です