胃がヒリヒリするのはなぜ?食後に浸みる胃の痛み対策

なぜか最近胃がヒリヒリする状態になって痛みが酷いということで悩んでいる方が増えてきているようです。
とくにストレスを感じたりした時に突発的にヒリヒリと胃が痛みだしたり、ストレスを感じてはいないのに食後になぜか胃がヒリヒリして浸みるような痛みがやってくるという場合もあります。

a1c84f1772205477010681dc7d78d077_s

今回は胃がヒリヒリする原因と具体的な対処方法についてお伝えしていこうと思います。

胃がヒリヒリする原因

胃がヒリヒリするという状態が何度も起こるということは胃の内部に何かしらの問題がでてきる可能性が高くなっています。胃の周辺には粘膜が張っているのですが、その胃の粘膜が薄くなっていたりすると食べたものを消化するための胃酸や胃液などの酸性で熱をもった液体が流れてきたときにその刺激を直接胃に受けてしまうことがあります。

牛乳などの乳製品は胃の粘膜の再生にいいとされていますが、好き嫌いで牛乳を全く飲まないといった方はあるタイミングで突然胃がヒリヒリしはじめることが多いようです。

また、ストレスを普段から頻繁に感じることが多い傾向にある人はストレス性の胃炎になってしまったり、ピロリ菌が増えてしまうことから胃潰瘍にかかってしまっているという可能性もあります。

胃潰瘍や胃炎などにかかってしまった原因

胃がヒリヒリするという状態は胃潰瘍や胃炎をおこしていたり、胃の粘膜が弱くなっているということが症状の正体であるということをお話してきましたが、そもそもなぜそのような症状が起きてしまったのかという大元の原因についてもみていきましょう。

1.睡眠時間のバランスの乱れ

遅く寝て早く起きたりして睡眠時間が足りない生活をしていたり、いつも寝る時間や起きる時間がバラバラで睡眠のリズムが狂ってしまっている胃潰瘍や胃炎の原因となる活性酸素やピロリ菌などの体に悪影響を及ぼす物質が増えると言われています。

2.栄養バランスの乱れ

食事の内容を見た時に添加物や保存料などがたっぷりと入っているような食事だったり、インスタントフードを食べる頻度が多いと胃の中に老廃物が増えてきたり、血液の状態が乱れてしまう場合があります。

また頻繁に間食としてお菓子などを食べる人もいると思いますが、その食べているお菓子の成分に植物油脂などが含まれているとその影響で血液が汚れてしまって胃の辺りにも影響がでてくることもあります。

3.胃や粘膜を刺激する食事をしている

ピリッと辛いものや、舌がヒリヒリするような刺激がある食べ物や飲み物が好き!ということでよくそういった食事をすることが多いという場合はその食事による刺激が胃の粘膜を弱めてしまっている可能性もあります。

刺激のある食べ物は口の周りや喉に刺激があって気持いいですし、辛いもの好きとしては止められないところでもあると思いますが、刺激は胃の中や腸内にまで届いてしまうことがあるのでそれが胃のヒリヒリとする痛みへとつながってしまっているということも考えられます。

辛いものを食べた後に胃がヒリヒリする!と言う場合はほぼ間違いなくこの状態になっていると考えられますので、少し刺激のある食事は控えるようにした方がいいですね。

胃がヒリヒリする時の対処法

今回色々と胃がヒリヒリするとか、食後に胃が浸みるように痛いという症状の原因と考えられることについて噛み砕いて解説してきましたが、当てはまったかも!と感じたところはありましたでしょうか。

自分ではどれにも当てはまらないように感じていても根本的な原因が一緒だったりすることはあります。
結局のところ体内に以下のような物質が増えていることが胃のヒリヒリの原因なので、それらを除去していくようにするのが近道です。

  • 活性酸素
  • 老廃物
  • ピロリ菌

こういった体に害のある成分を一通り外に排出することができるデトックスを行うことで胃がヒリヒリとして痛かったり気になる症状を効果的に解消することができるようになっています。

効果が早く実感できてコストも安く抑えることができるデトックス方法としては水素水を使ったデトックスがおすすめです。
水素水は今の健康ブームの中でも未来を先取りしたかのような優れた健康効果で話題になっていますが、胃の痛みなどの症状を緩和させるという効果もあるので今回のような症状には適していると言えます。

【体験談】実際に胃のヒリヒリを改善できた!水素水を使ってみた効果とは?

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です