胃潰瘍であまりにも痛い症状を少しでも早く和らげるには?

ストレスなどが原因となって胃酸の分泌量が増えすぎてしまったりすることから胃の粘膜が弱くなって胃に炎症を起こしてしまったりする胃潰瘍で悩まされている人も少なくないと思います。

とくに胃潰瘍で胃の周辺が痛いような状態になってくると日常生活でも支障をきたすことがあるくらいに苦しい症状になってしまうこともあります。

 

あまりにも痛いと夜に寝ようと思った時などに痛みが気になって眠ることができなくなってしまうことから不眠症になるというケースもあります。

胃潰瘍があまりにも痛いとなると一刻も早く症状を改善していかないと痛みがさらなるストレスとなって胃潰瘍の症状がさらに悪化してしまったり、ストレス要因の活性酸素が蓄積して腸内環境を乱したり体の免疫力低下を導いてしまうようなリスクが高まってしまいます。

具体的にどうやって対処をしていくのが最も早く確実に胃潰瘍による痛みを改善できるのか解説していきます。

胃潰瘍の痛みを早く和らげるための改善方法

それでは胃潰瘍で痛い状態を早く抜け出して少しでも楽にするために役立つ方法についていくつか紹介していきます。

1.食事による胃酸分泌量の調整

まずは胃酸が多く分泌されてしまう現状の食生活を何とかしていかないと胃酸の分泌量が正常時に戻らないので症状が治まりににくくなってしまいます。

  • 肉類
  • 揚げ物
  • 炭水化物

これらはどれも胃酸を大量に分泌させてしまう可能性が高いとされている食事でもあるので、できるだけ野菜を意識的に摂取しながら胃酸の分泌量を食事から抑えるようにしていく必要もあります。

とくにキャベツやほうれん草、ブロッコリーなどについては胃酸の分泌量を調整することができると言われているビタミンUがたっぷり含まれているので食事による胃酸分泌量の調整を行うのであれば適した食材と言えます。

2.余りにも痛すぎる時は痛み止めを飲む

耐え難いくらいに胃潰瘍による痛みがひどくなってしまったら、痛みがさらなるストレスとなってさらに症状を悪化させてしまうというマイナスの連鎖に陥る可能性があります。

そのため一時的ではあっても痛み止めの薬などを使って胃潰瘍による痛みを緩和させるという方法も使っていくべきです。

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

ただし痛み止めの薬では一時的に痛みを緩和させるだけで胃潰瘍の症状を改善することにはつながりません。
さらに常用するようになってくると薬の副作用などが出てくる場合もあるので、あくまでも暫定的な痛みの対策として使っていきながら、胃潰瘍の改善を急ぐ必要があります。

3.胃潰瘍の症状と痛みの両方に効果のある水素水を使う

胃潰瘍の原因はストレスや、そこからくる活性酸素などにあるということは有名ですが、痛みの原因となる炎症を抑える作用も同時にある水素水を使っていくことで効果的に対処をしてくことが可能です。

水素水は飲むことによって体内の錆びつきを取り除いてくれるので、飲んでいく中で体の免疫力などを取り戻していきながら胃潰瘍の症状を改善へと導いてくれるようになっています。

DSC02972

高い抗酸化作用によってまずは活性酸素を除去できるので飲むだけで体の毒素や痛みを発する物質などを一網打尽するかのように取り払うことができるのでスッキリ感を味わうことができるかと思います。

胃潰瘍で痛いという状態続いている人は後からの副作用などの心配も全くなく安全な水素水を飲みながら対策をしていくのが理想的な手段と言えるでしょう。

(注目記事)胃潰瘍に効く!水素水を使ってみた効果と体験談

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です