自律神経失調症の症状がでる原因と自宅で完結する治療方法は?

誰にでも起こりうるけれども原因がよくわからない辛い症状続いて、いざ病院で診察を受けてみると自律神経失調症だったということが判明してしまった・・・どうしよう。

といった状態で悩まれている方も少なくないのではないでしょうか。
異常なまでに体に疲れが残ってしまったり、動悸がしてしまったりして耐え難いためにいざ病院に行って診察してみると症状がでなかったりして対処法が結局見つからずに終わってしまうということもあると思います。

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s

自律神経失調症になってしまう原因も自分でつかめていないとなると気持ちはもやもやする一方ですし、症状も悪化する一方になってしまうかと思います。

病院に通うことなく自宅でも完結する自律神経失調症の治療法についてお話していこうと思います。

自律神経失調症の症状がでるそもそもの原因

自律神経失調症になってしまうそもそもの原因となるの精神的なストレスや肉体的なストレスによって体内のホルモンに異常をきたしてしまうところにある可能性が最も高いです。

ホルモンと言えば以下のようなものがあります。

  • 甲状腺
  • 副甲状腺
  • 脳下垂体
  • 副腎

自律神経失調症に最も関係性が高いと思われるのはこの中でいう副腎となっています。
副腎というのはシンプルに言うとストレスを調整する働きを担うホルモンとなっていまいす。

ストレスと副腎には密接な関係があります。
副腎とは腎臓のすぐ上にある親指くらいの大きさの部位であり、大きさ自体は非常に小さいにも関わらず体に与える影響の大きい働き者で大事なホルモンを排出しています。

副腎が出すホルモンがストレスに抵抗していくという流れになっているのですが、副腎のホルモンも無限ではありません。

ストレスが副腎のホルモンで抵抗できる量を超えていつまでも続いてしまったりすると副腎ホルモンが不足して枯渇した状態となってしまいます。

この状態になると所謂自律神経失調症と呼ばれる状態になるので普通に生活することすら危ういような状態となってしまいます。

簡単にまとめるとストレスが大きすぎたり、ストレスを感じている期間が長すぎることが自律神経失調症の原因であるということになりますね。

自律神経失調症を自宅で治療するには?

それでは自宅でもそんな自律神経失調症の症状を治療したり緩和させるためにはどうすればいいのでしょうか。
自律神経失調症は体と心の双方の病気であると言えるので、その両方に働きかけるような治療をして生活環境を整えるようにしていく必要があります。

時には薬物療法や、カウンセリングなどを受けるような心理療法などがどうしても必要となってくる場合もあるかと思います。

それ以外に自宅でなるべく負担なく治療していくためにはストレスによって溜まってしまう活性酸素による二次被害を減少させたり、身体の中の血行を促進して内側から元気にしてくれる作用のある水素水を使っていくと効果的です。

ストレスの原因となっていることを解決しないことには根本的な解決にはならないかもしれませんが、少なくとも水素水を使っていけば自律神経失調症が原因で起こる体調不良などを緩和させることができるようになるので気持ちもスッキリしてくるかと思います。

1週間くらい毎日使ってみて効果があるかどうか試してみるのが良いかと思います。

7本パックがお試し500円で購入できる水素たっぷりのおいしい水の効果と体験談はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です