過敏性腸症候群は薬では治らない!?水素水で治療した結果とは?

予期せぬタイミングで突然やってくるお腹の痛みや下痢などの症状が現れてしまう過敏性腸症候群によって悩まされている人は数多くいますが、どうしても他人から理解されないことも多いですし検査を受けても特に異常な箇所が見つからなかったりするので非常に厄介と言える病気でもあります。

4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_s

過敏性腸症候群にかかってしまっても生命の危機に陥るようなことはありませんが、長い時間トイレに入ることができないような状況の時に突然腹痛に襲われてしまったりすると大変なことになります。

そのようなことを予め考慮しておくと最初から行動出来る範囲が極端に狭まってしまったりすることになるので生活の利便性が大きく失われることにもなりかねません。

過敏性腸症候群は薬では治らないの?

過敏性腸症候群を治療するためにを使っていこうとされる方も多いと思いますが、恐らく使う薬で市販されているものとなると下痢止めや便秘薬などとなってしまうかと思います。

下痢止め薬も最近はドラッグストアなどで気軽に購入することができるようになってきていますが、下痢の症状などに合わせて使う薬を選んだりすることもできるので比較的使いやすくはなっています。

  • 腸内の菌を殺菌する薬
  • 腸内の過剰な運動を抑制する薬
  • 収れん性止瀉薬

などといった種類がありますが、特に腸内の過剰な運動を抑制するタイプの薬に関しては下痢を止める効果は高く即効性もあります。
しかし、問題なのはこういった薬を使って症状をしのいだとしてもそれは一時的に症状を押さえ込んでいるにすぎないということです。

薬を飲んでいても過敏性腸症候群を根本的に治療して治していくことはできませんし、あくまでも目の前にある腹痛や下痢などのつらい症状をその場限りの処置で対処してやり過ごしているにすぎないということは覚えて置かなければいけません。

また薬局やドラッグストアなどで購入できる過敏性腸症候群の薬についてはすぐに手に入るし使いやすいということで利便性には優れいているものの使い続けているうちに効果が薄れてきたり、腸に余計な刺激を与えてしまって症状がさらに悪化してしまうというケースもあります。

さらに薬であるということは大なり小なり副作用の症状がでてしまう可能性もあるのでそういったところも考慮すると過敏性腸症候群を薬で治そうとしたり一時的な処置で対処していこうとすること自体はあまり現実的な手段ではないということも言えますね。

過敏性腸症候群は水素水で治す

薬に頼らないのであれば何を使って過敏性腸症候群を改善していけばいいのかという話になってくると思うのですが、それについてはまず病気の予防や治療などにも使われることが増えてきている水素水を使っていくというのが有効であるとされています。

水素水といえば以下のような効果で有名です。

  • アンチエイジング作用
  • 腸内環境の改善
  • ダイエット効果
  • 疲れの解消
  • 美容・美肌効果

水素水には体内に溜まっていて腸内環境を悪化させる物質でもある活性酸素を除去できる抗酸化作用があるので、毎日水素水を飲み続けるようにしていくことで次第に善玉菌が住み着きやすい綺麗な腸内環境へと改善していくことができるようになっていきます。

DSC02974

そうすると過敏性腸症候群を引き起こしてしまう原因でもあったはずの腸内環境が変わっていくので下痢や突然の腹痛といった症状に悩まされることも自然となくなっていきます。

実際に水素水を使ってみて感じた効果と体験談を以下に詳細に渡ってまとめてありますので、水素水を使って過敏性腸症候群を解消してみるのもいいかな?と感じた方はご覧になってみてください。

水素水を使ってみて実感した効果と体験談はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です