肝硬変になると死亡は免れないの?回復させるための条件とは?

400df508185837276bc863aad3836c9b_s

何だか最近食欲が全然ないし、何かを食べるとすぐに下痢をしたりする。顔のむくみや目の色の変化、さらにお腹の張りなどといった様々な体の異変を感じて病院に行って診察をしてみるとなんと肝硬変になっていると診断された。

このようなことがあると、まさか自分が肝硬変だなんて・・・と信じられない気持ちがあるのと同時にもしかしてこれはもう助からないのでは?という一抹の不安もよぎることでしょう。

一家の主が肝硬変と診断されてしまったら家族の立場としても本当に厳しく辛いものになってしまいますし、この先どうやって生きていけばいいのか路頭に迷うことになる可能性だって少なからずあります。

そもそも肝硬変と一度診断されると死亡は免れないのでしょうか。
もしも、現在の医療技術によって肝硬変を回復させることができるのであれば何としてでも回復させてこれまで通りの普通の生活を送れるようにしていきたいですよね。

肝硬変の死亡率について

肝硬変が発症したことが原因となって死亡してしまった有名人なども多数いるので、もう肝硬変になると死に直結してしまうというイメージが強いと思います。

ただ肝硬変の進行度合いによって死につながるかどうか大きく変わってくるところでもあります。

もしもまだ肝硬変にかかったばかりのような状態で発症が判明したのであれば、すぐに治療を行っていくことで死亡率を大きく下げることも可能ですし、完治しなくても薬を飲みながら普通の生活ができるレベルに戻すことはできると言われています。

ただし、肝硬変が見つかった時点ですでに重症と言えるレベルまで進行してしまっていると肝硬変から肝臓癌へと転移した段階で死に至る可能性が急激に高くなります。

自覚症状が全くない!?肝硬変の恐ろしさ

肝硬変は何かに感染したりして急に発症するようなものではなく、毎日多量のお酒を飲んだりタバコを吸ったりするような日常生活の積み重ねによって長い時間をかけて発症する病気です。

現在その原因として最も多いと言われているのはアルコール摂取量が多すぎるというものです。

68a315025294e384985283c28c87c48c_s

アルコール依存症などを患っている方はその期間が長くなればなるほど最終的に肝硬変からの肝臓癌によって亡くなる可能性が高くなっていきます。

怖いのは肝機能が低下して体調が悪くなることが多くなっていても肝硬変などのような重大な病気であるということに気づかない場合が非常に多いということです。

周りの家族からすると明らかに見た目も変わってきて顔のむくみや目の色の異常(黄疸と呼ばれる黄色い目)、さらに腹水によって張ったお腹などが指摘されて初めて異常かもしれないと自覚するケースもわりと多いです。

しかし、それらのわかりやすい症状はすでに肝硬変の段階で言うと末期に近い状態でもあるので既に死と隣り合わせに近いところにいるということでもあるのです。

だからこそ、定期的に検診を受けて早い段階で肝硬変を発見しておくようにしなければ恐ろしい結果を招いてしまうリスクが高まるということです。

肝硬変は回復するのか?

肝硬変によって死亡してしまう可能性と同じくらいに気になるのはやはり回復する可能性はあるのかというところでしょう。

これまでの常識としては肝硬変は一度発症してしまうと完治することはなく、薬を使って症状の進行を遅らせながら生活していくしか方法はないというものでした。

それでも遅かれ早かれ肝臓癌にかかってしまい、そこから手術で摘出して成功したとしても長期に渡る入院生活を余儀なくされるケースも非常に多いです。

残念ながら現在でもそんな肝硬変を劇的に改善する特効薬のようなものは存在しておりません。

ただし、薬ではないものの最近は医療現場などでも使われることが増えてきている高濃度水素水の効能を利用していくことで回復傾向へと導くことができると言われています。

P1020103

水素水は癌にも効果があると言われているくらいですので、癌に転移する前の段階である肝硬変にも多少なりとも効果はでてくるということです。

もちろん症状を悪化させないためには禁酒と禁煙は必須になりますし、野菜を中心としたバランスの良い食生活を忠実に守っていく必要もあります。

そこから肝硬変を回復させるには濃度が濃い本物の水素水を飲んで水素分子を体の隅々までしっかり浸透させていくようにするのが重要なポイントとなります。

>>肝硬変に効果があると言われる高濃度水素水トラストウォーターの効果と体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です