顔の皮膚がボロボロ落ちる状態で苦しい!症状の改善方法

突然肌が荒れたり乾燥したりしてきて困ることってありますよね。
中でも辛いのは顔の皮膚がボロボロと落ちるような状態になってしまうことではないでしょうか。

いくらクリームを塗ってもボロボロと肌が落ちるばかりで一向に治る気配がない。
そんな状態が続いてしまうとストレスになりますし、気になって寝付くこともできないですよね。

この苦しい状態を改善するにはどうすればいいのか。
解説していきます。

なぜ皮膚がボロボロ落ちてしまうのか

単純にアトピーや乾燥肌の影響で皮膚がボロボロ落ちるということもあるのですが、そういった体質を持っている人だとしても常に皮膚がボロボロだったわけではないと思います。

何かのきっかけがあって突然皮膚がボロボロ落ちるような状態になることが一番多いですね。
とくにきっかけになりやすいのは以下のようなものとなっています。

  • 睡眠不足
  • 極度のストレス
  • 食生活の偏りによる栄養不足

 

このような状況が重なってくると体の免疫力が著しく低下することがあります。
そうすると突然皮膚が炎症を起こしてウロコのようになった皮がボロボロと落ちるような状態になってしまうことがあります。

この症状は一見すると皮膚だけの病気のように思われるかもしれませんが、実際はそうではなく体全体の病気でもありますので、塗り薬だけ塗って一部分のみの対処をするのではなく体の内面から改善していくようにする必要がでてきます。

市販の塗り薬を塗れば塗るほどボロボロ皮膚が落ちることも

ノンステロイドの湿疹や皮膚炎に効くクリームなどを塗ったとしてももともと肌が弱い人だと逆に症状が悪化してさらに滲出液がでてきたり、その液が固まってボロボロ落ちてくるような状態になるケースもあります。

ステロイド剤の場合はボロボロ落ちる皮膚炎などの炎症が早めに治まる場合もありますが、皮膚そのものがもっている免疫力までも下げてしまう場合があります。

そのため同じように皮膚炎を起こしてしまったり、そこから皮膚がボロボロ落ち始めるような症状を繰り返してしまう可能性が高くなります。

再発した皮膚炎を同じようにまた再度ステロイド剤で治そうとおもっても一度目よりも治りにくくなってくるような状況になりやすいのも問題ですね。

体の内側から免疫力を高めて改善するには?

クリームなどの対処法による問題点をいくつか紹介してきましたが、やはり再発の防止を限りなく減らしつつしっかりと症状を改善していくためには外側からのケアだけでなく内側からのケアも必須と言っていいでしょう。

特に今回のように皮膚がボロボロ落ちてしまうような症状の場合は免疫機能のサポートと皮膚の炎症を引き起こす原因ともなる活性酸素の除去ができる水素水を飲むようにしていくと効果的です。

DSC02973

水素水に含まれる水素分子にはボロボロになった皮膚を再生するために必要な抗酸化作用があるので非常に有効です。

飲んですぐに治まるような効果ではありませんが、継続して飲み続ける習慣をつけることで体の内部から皮膚の炎症を抑える免疫機能を高めることができるようになるのでボロボロ落ちるような状態を改善していくことができます。

クリームやステロイド剤などを使いたい場合は薬局でも販売されているエンクロンクリームなどのような非ステロイドのクリームを併用してもいいですね。

(注目記事)ボロボロになった皮膚の再生を助ける水素水を実際に使ってみた本音

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です