体の力が抜けるのは病気!?症状の改善に役立つ3つのポイント

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s

普通に生活をしているときに体の力が抜けるような状態になってしまうことはありませんか?

どれぐらいの頻度で力が抜けるのかというところや、体のどの辺りの力が抜けるのかというところによっても色々と考えられる原因があるわけですが、場合によっては早期に治療をしておかなければ後々治りにい大きな病気になって返ってくる可能性も十分にあります。

体の力が抜けるのは病気なのか

そもそもいま突然体の力が抜けるようになってしまう症状は何かの病気なのか?というところなのですが場合によってはこの時点ですでに病気である可能性もあります。

1.うつ病である可能性

まさか!自分がうつ病であるはずがない!と思っていても実は詳しく検査をしてみるとうつ病になってしまっていたということは実はよくあることです。

うつ病である人は自分がうつの状態になっていることにほとんど気がつくことはなく、ただその影響から出てくる症状だけを認知するようになります。

その症状としてふとした瞬間に体の力が抜けるような症状がでてきてしまっているということです。
日頃の日常生活や仕事などのなかで継続的に何かストレスに感じているようなことはないでしょうか。

胃が痛くなったり、頭がモヤモヤすることがあるのであればそれはストレスの影響です。
ストレス放置して我慢していると自律神経に乱れが生じ始めるようになります。

そのため自分では大丈夫!と思い込んでいても自律神経の乱れによる影響が体に現れはじめてくるということです。

2.自律神経失調症の可能性

先ほどのうつ病については主に心の方にダメージが大きい病気となっているのですが、自律神経失調症の場合はさらにそこからダメージが体の方にも伝わっていくことでかかる病気です。

うつ病になった人はそこから続けて自律神経失調症にもかかってしまうというケースはよくあります。

ストレスを感じていて溜まっているのも知っているのにそのまま溜め込まないとならない状況が長く続いたり、感情が大きく動かされるような出来事があるのにその感情を抑えこむような形で心の中に閉じ込めたままにするとストレスの影響で体や脳には尋常ではない負担がかかってくることになります。

そうすると脳から手足や体へ命令を送る際の信号が弱くなり、力を入れたいのに体がいうことを聞かなくなって力が入らないというような状態になることがあります。

3.症状の改善に役立つ水素の働き

うつ病であっても自律神経失調症であってもその根底にある原因をみると必ず付きまとってくるのがストレスです。

単純にストレスとは言ってもそこには精神的ストレス、身体的ストレス、化学的ストレス、社会的ストレスなど本当にたくさんの種類のストレスがあります。

自分でどこのストレスが原因となって、脳や自律神経の働きを乱してしまったのかというところまでわかっていれば苦労はしません。

そのためストレスの原因を突き止めてどうこうするよりも、ストレスの影響で発生する脳や自律神経の働きを乱してしまう原因と言われる活性酸素を除去するように動いていくのが最も早く症状を改善させるために有効といえます。

活性酸素は肌の老化だけでなく脳の老化も早めてしまう要因になると言われているので、いつまでも何不自由ない健康体を保っていくためにはできるだけ体の中からその量を減らすようにしていかなければいけません。

活性酸素の除去に今最も効果的と言われていのが水素水の存在です。

なぜ水素水が体の力が抜ける症状に効果があるのか

水素水のことをある程度知っている人であれば「あぁ〜確かに水素水であれば体に力が入らない症状に効きそう」と気がつくかもしれません。

水素水には高い抗酸化作用があるので、様々なストレスが原因で体の中に溜まっている活性酸素の中でも脳の働きなどに影響すると言われる悪玉活性酸素のみに的を絞って効率よく除去していくことができるという特徴があります。

P1010637

飲んですぐに効果がわかるというよりは、飲み続けることで体の中の悪いところをリセットするようなイメージです。
ストレス要因の病気には相性がいいですし、仮にストレスではなく単純な過度な疲労の蓄積によるものであったとしても効果があるというところが魅力です。

すでにどうしようもないくらいに症状が悪化している場合は早めに病院で治療を受けることを推奨しますが、まだそこまでではなく自分で対処しながら症状に向き合って改善していきたいという場合は水素水を使ってみるといいでしょう。

(注目記事)高濃度水素の王様!水素たっぷりのおいしい水の効果と本音の体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です