アトピーで痒くて目が覚めるのが辛い・・・症状を改善するには?

アトピーの症状があまりにも酷くて、寝ている間に身体がかゆくなって知らない間に掻きむしってしまったりしていた・・・という方もいると思いますが、そもそも布団に入って寝ようと思っても体中が痒すぎて気になってしまったり、寝たと思っても痒くて目が覚めるというようなパターンになってしまうこともあると思います。

3153c092af2324844a2bcd5b36808f82_s

アトピーで痒くて目が覚める時ほど嫌な目覚め方はなかなかないですよね。

私も経験があるからわかるのですが、大体痒さで目覚めた時というのはその時点で身体のあちこちを掻いてしまっていることが多いので、嫌な感じの傷ができていたり、つゆのようなものが噴出してしまっていることもよくあります。

本当はまだ寝ていたい時間なのに痒くて目が覚めてしまうと、もうその痒さが気になってしまってもう一度眠ろうとしても眠りにつけないといったことにもなりかねません。

今回はそんな悩めるアトピーによる目覚め問題の改善方法についてお話していこうと思います。

1.お風呂やシャワーのお湯の温度の調整

アトピーだとお風呂やシャワーのお湯の温度をついつい高めに設定してしまうことが多いと思います。
というのもボロボロの肌に高温のお湯をかけると熱いのですが、その刺激がたまらなく気持ちいいからです。

これはある意味中毒性があると言えるくらいのものなのですが、当然その後の肌はさらに傷ついてボロボロの状態になってしまっていますし、寝る時にその傷が痒みだすことにつながってしまいます。

お湯の温度は適温に保つようにして高くても40度以下くらいに設定するのがベストかと思います。

2.着ているパジャマを工夫する

寝ている間は自分でも気がつかない間に結構な量の汗をかいてしまっているものです。
汗を吸いにくいパジャマを着ていたりすると寝ている間に少しづつべたついてきてその汗が痒みを助長してしまう場合があります。

そしてあまり温かすぎる格好をしていると体温が上がりすぎてさらに汗が出やすくなるので、理想を言えば少し寒いくらいの薄着のパジャマで寝るようにした方がよいかと思います。

3.布団はあまり暑くなりすぎないように

先ほどのパジャマのところでもお話したように、睡眠中はとにかく体温が上昇しやすいので、パジャマだけでなく布団や毛布などについてもあまり体を温めすぎないようにした方がよいです。

流石に冬はあまり寒くしていると今度は風邪をひいてしまったりする可能性もありますので、適度に温かいくらいの布団に変えて使っていくといいでしょう。

4.水素水を飲んで体質からアトピーを改善する

ここまでは環境的なところからアトピーで寝ている間に痒みがでてしまって間が覚めるのを防ぐ手段についてお話してきました。

しかしそれでは痒みは多少緩和できても根本的なアトピーの改善ができるわけではありません。
アトピーを体質的に内側からしっかり改善するために有効な水素水を飲むようにしていけば上記のような対策をあれもこれも行わずとも痒みがでないように体質改善していくことが可能となります。

DSC02974

水素水を飲むことで体の中にたまっているアレルゲンや、アトピーの症状を悪化させてしまう活性酸素などを中和することができるので即効性にはかけるかもしれませんが、継続して飲むようにすることで悩みのためだったアトピー自体を解消させることもできるので痒くて目が覚めるのが辛い・・・といったときに使ってみるのも有効かと思います。

【写真あり】アトピーに効果の高い高濃度水素水を実際に飲んでみた結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です