風邪じゃないのに咳が出るのはなぜ?改善する方法まとめ

ちょうど風邪が流行していて自分もその風邪に感染してしまったというような時は咳がゴホゴホとでてしまうのも致し方ないところではあると思います。

しかし特にそういったウィルスに感染しているというわけでもなければ、季節の変わり目で風邪をこじらせてしまったというわけでもないのになぜだか咳がでて止まらないということはありませんか?

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

風邪じゃないのに咳が出るような状態がつづいてしまうとだんだん喉が痛くなってきて炎症を起こすようになってきたりと影響が思いのほか大きなものとなってしまうことがあります。

さらに最近咳が出るようになってきたという方もいれば、もうかれこれ何カ月も前から風邪じゃないのに咳が出る症状が続いている・・・という人もいると思います。

あまり長く続いているとこれが自分の中では当たり前の状態というようにある種の錯覚を起こしてしまう場合があるので意外と危険です。

人と一緒にいると「よく咳するね?大丈夫?」といったことを言われるようなことが増えてきたら自分の咳の状態が普通ではないということに気がつけるチャンスでもありますね。

なぜ風邪じゃないのに咳が出るのか

風邪じゃないのに咳が出てしまう原因はアレルギー反応として咳が出ている可能性が高くなっています。

例えば外にいる時はとくに咳がでることはないのに家の中に入ってきたら急に咳が出てしまうような場合は家の中のホコリやダニなどに過剰に反応してしまっているために咳がでていると考えられます。

咳が出るだけで別に体調不良というわけではないという人もいると思いますが、咳が出るということはある種の生体防御反応が出ているということでもあります。

肺や気管支に何か異物が入って取れない状態になっていたりするときもこの生体防御反応からの咳がでることがありますし、異物がなくても体の免疫機能が低下しているとちょっとした空気の汚れなどにも敏感に反応してしまって咳がでるというケースがあります。

私も一時期外出中はそこまで咳が出ることはないのに、いえの中に入った瞬間に咳が出始めてひどいときは1分以上も咳が出続けて呼吸が苦しくなってしまったという経験があります。

風邪じゃないのに出る咳を改善する方法は?

やはりあまり長引いてしまうようであればいくら風邪じゃなかったとしても咳の対策をしていかなければいけません。
慢性的に咳が出ているのに放っておくと咳が出るたびに体力を消耗してしまうことから体力や免疫力が大きく低下してしまうために別の病気などにかかってしまうリスクが高くなります。

自宅で少しでも早く症状を改善させるにはアレルギー症状が出ないように体の免疫機能を高めるということや、体内に入り込んでしまっている異物や老廃物などをできる限り迅速に外に排出させるようにするようにしていくべきです。

市販の咳止め薬やのど飴などを使って対策をしていても一時的に咳が出ないように抑えているに過ぎないので、根本的な解決にはならない場合がほとんどです。

そのためとくに最近では様々な病気やウィルスの対策としても使われることが多い水素水を飲むということを咳の対策方法としての選択肢に入れていくのが適しています。

P1010637

水素水に含まれる水素の分子はいかなる細菌などよりも小さな分子になっているので体内に入った水素分子はまずはじめに身体の中に含まれている異物や老廃物などと結びついて無害な状態へと還元してから外へ排出させようとする動きをし始めます。

これが水素水のデトックス効果と言われているものです。

この作用を利用していきながら体内からアレルギー物質なども全て外に出すようにしていうことで咳を間接的に止めることが可能となります。

さらに水素水には疲労や体力低下などを引き起こしてしまう可能性が高い活性酸素も同時に除去していくことができるので、身体の免疫が低下していいることで咳が出てしまっていたという方の症状を解消することもできるようになっています。

【体験談】実際に止まらない咳を止めることができた水素水とは?

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です