気温が高いのに寒い!他人に理解されない『謎の冷え』の改善方法

普通に気温高いのに寒いと感じることはありませんか?周囲の人からすると全く寒くない温度になっており、「ちょっと寒くない?」と聞いてみても全く共感を得られないということもあると思います。

3892dc643c2aba6cb5fb4ad48871bae0_s

他人に理解してもらえないけれど自分だけが寒くて震えてしまうような状況だと室内で気温を上げてもらうのも他の人に悪いし気が引けますよね・・・。

また特に人を気にせずに自分で室温を高めたとしてもまだ寒いと感じることもあると思います。
そもそもなぜ気温が高いのに寒いと感じてしまうような状態になってしまうのでしょうか。

この他人には理解してもらえない体の謎の冷えを改善するためにはどうすればいいのか解説していきますね。

謎の冷えの正体は極度の冷え性?

気温が高いのに寒いと感じるくらいに体の冷えが酷い場合は血行不良からくる極度の冷え性になっている可能性が高くまっています。

ちょっとした冷え性であれば手足が冷えるくらいの症状に留まることが多いのですが、極度の冷え性になってくるとそれが手足などの一部分だけではすまなくなってきて体全体が寒くて仕方ないような状況になることもあります。

体温の調節をするうえで非常に重要な役割をになっているのが血液なのですが、血行不良によって体の中を行き渡って循環している血液の量が少なくなったり、血液がサラサラではなくて老廃物などが混ざってしまうことによってドロドロした血液状態になってくるとそれが体の冷えを誘発してしまう原因になることがあります。

血行不良と極度の冷え性の原因は?

血行不良になっているとか血液の巡りが悪くなっていると言われても生活の中のどの部分が悪くてそうなってしまったのかよくわからない・・・という人も少なくないと思います。

例えばお肉料理などを冷蔵庫の中に冷やしていると翌日になったときに白い脂分のようなものが浮き上がってくることがありますよね。

あれと同じような状態が血液にも起きているので、ドロドロとした血液になって血行が悪くなっているのです。

それでは何が原因でそんな血液の状況になってしまっているのでしょうか。

1.ストレスを感じることが多い

ストレスというのは体のあちこちに悪影響を与えてしまうので様々な体調不良の原因とされることが多いです。

今回のような極度の冷え性についてもストレスによって発生する活性酸素の影響をうっけて自律神経のバランスが乱れてしまって、交感神経ばかりが優先されるような状況になることから血管が収縮してしまうために起こる場合があります。

ストレスを感じる⇒血管が収縮して血液の巡りが悪くなる⇒体が冷える

このような流れで体が冷えることがさらなるストレスになって・・・という具合でエンドレスに悪循環がループしてしまうこともあります。

ストレスを感じるな!と言われてもそんなことができれば誰もイライラしたり怒ったりすることはないですよね。
なのでストレスを感じないようにするよりもストレスによって発生した活性酸素を除去する方向へシフトしていくほうが効率よく血液の流れを正常なものに変えていくことができるようになります。

2.生活習慣から体温調節機能が低下している場合も

夏はガンガンクーラーを使って、冬は暖房を必要以上に使ってと言った具合で自分の身体が持っている本来の体温調節機能がいつの間にかかなり衰えてしまっている場合もあります。

90d3c7e19633dd097a2d0c2d6af2b676_s

多少寒かったり暑かったりしても本来は自分の身体の持っている体温調節機能で十分耐えることができるはずなのに現在の技術の進歩の影響で体温を調節する機能が衰えてしまうことから血行不良になってしまうことがあります。

エアコンや暖房を使わないわけにはいかないので、使いすぎていないかというところを今一度確認してみるといいですね。

気温が高いのに寒いような症状を改善するには?

それでは具体的にどのようにしていけば気温が高いのに寒いというような辛い症状を改善することができるのでしょうか。

このような状態になってしまうと単純に室温を高めたり、毛布にくるまったりしても一時的な対処にしかならずに根本的な原因の解消にはつながらないことがほとんどです。

いつも気温を普通の人が快適と感じる温度よりも高く設定するわけにもいきませんし、常に毛布にくるまっていては家の中でほとんど動くことができなくなってしまうので不便極まりないですよね。

体質からきちんと改善してまずは血行不良を解消するようにしていくのが先決です。

そのためには体内に溜まっている活性酸素を除去しながら血液の老廃物を取り除いてくれる水素水を使っていくと効果的です。

DSC02972

水素水には高い抗酸化作用とデトックス作用があるので飲むだけでも様々なストレスや生活習慣の影響で悪化してしまっている体内環境をリセットして綺麗な状態に戻す効果があります。

飲んだ瞬間に謎の体の冷えがなくなるということはありませんが、継続して飲みながら体が冷えやすい体質を改善することができます。

少しの間は厚着をしたり毛布にくるまりながら一時の冷えをしのぎつつ、水素水を使って血行不良や冷え性を改善していくのが体質から変えていくための近道となります。

(注目記事)冷え性に効果的!体質から改善できる水素水を実際に使ってみた本音

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です