黒色便が出てくる原因と適切な解消方法

便が真っ黒な状態のいわゆる黒色便と言われるような便が突然出てきびっくりした・・・というようなことはありませんか?
この黒色便は別名タール便とも言われいているのですが、その由来は石炭のように真っ黒な便であるということからきているそうです。

a1c84f1772205477010681dc7d78d077_s

ではその黒色便と呼ばれる便がでてきてしまうことによってどのような問題点があるのか、そしてその原因はどこにあるのかというところについてみていくことにしましょう。

黒色便が出ると何か問題はある?

黒色便が出てくるということは明らかに身体の中に異変が起きていてそれを知らせてくれるサインであると受け取るようにしましょう。
痛みがある場合とない場合があるのですが、黒色便が出ているということは以下のような病気である可能性が疑われます。

  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 胃がん
  • 食道静脈瘤破裂
  • 胃ポリープ

主に胃や腸などで出血していたり血液のトラブルで胃酸と血液が混ざったような状況になる時に便にその汚れた血液が混ざりこんでしまって明らかに真っ黒な黒色便となってでてくるようになります。普通の便は茶色かと思いますが、明らかに異常な色になっているのですぐに異変に気がつくかと思います。

黒色便が出てくる原因は?

それでは一体何が原因で黒色便がでてきてしまうのかという原因についてみていきましょう。
最も可能性として高いのが食生活の乱れやストレスの蓄積によって胃や腸の環境が乱れてしまっているところにあります。

ちょっとくらいの出血程度では便が真っ黒になるようなことはないので、黒色便がでているということは既に胃腸の何処かで大量の出血をしている可能性があるということを念頭において置かなければいけません。

病気の前兆などが見られた時には少しでも早い段階で適切な対処をして症状が重くなりすぎる前に治療をするのが理想的と言えます。

黒色便が出た時の適切な対処法は?

もし何の兆候もなくいきなり黒色便がでてきたという場合は、正しい原因を確実に理解するために医療機関で一度は診察を受けたほうがいいでしょう。

もしも病気による黒色便であるということが判明した場合は薬を服用しながら治療していく必要がでてきます。
その際には必要になるのは抗血栓薬と呼ばれる血栓症の発症を緩和する薬などを使いながら症状を抑えていく必要がでてきます。

その他普段からストレスを溜め込んでいたり便秘がちであるような場合は体内に溜まった活性酸素を除去するようにしたり、悪玉菌を除去しながら腸内環境を整えるようにしていくこと対策をしてくとよりスムーズに症状を改善できるようになります。

その際には抗酸化力が強くて病気の治療などに効果的とされている水素水を取り入れるようにしてみると便秘やストレス要因の黒色便をスムーズに解消させることができるようになります。

実際に私が水素水を使って感じた効果や特徴などを以下にまとめてありますので、水素水を取り入れながら黒色便などのトラブルを解消させていこうと考えている方は参考にしてみてください。

>>私が黒色便を解消した時に活用した水素水の効果とは

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です