呼吸が浅い状態で苦しい!原因と対処法まとめ

何か不安に思うことがあったり、緊張していたりストレスが溜まることが多い生活をしていると呼吸が浅い状態になってしまって苦しいというような症状がでてくることがあります。

4c27dbc156f9bfa0d3e25b47093bc705_s

自分では呼吸が浅くなっていることに気が付かないことがよくあるのですが、人に「ちょっと最近呼吸浅くない?」と言われたりしてはじめて気がつくということも結構よくあります。

浅い呼吸が続いていると最初はそこまで影響は出なかったとしても少しづつ体が蝕まれていくようなイメージで最終的には以下のような問題が出てくるようになります。

  • たっぷり寝ても眠気が取れない
  • 疲労感がいつまでも抜けない
  • 肥満になってくる
  • 便秘症になる
  • 冷え性になる

 

呼吸が浅い状態になっていると寝ている間にしている呼吸も当然浅いので眠っている間に疲労回復を行うことができなくなってきます。

そのためしっかり寝ているわりには起きた時に眠気がとれていなかったり、疲れがそのまま残っているような感覚に陥るようになります。

また浅い呼吸は血行を悪くするのでその影響から代謝機能が低下してしまうことから便秘になりやすくなったり、お腹に脂肪をためこんでしまって太りやすくなるというケースもあります。

なぜ呼吸が浅い状態になるのか

それでは具体的になにが原因となって呼吸が浅くなっているのか見ていきましょう。
原因をしっかりと自分の中で意識して最適な改善策を実践することで浅い呼吸からの悪影響などを未然に予防することができるようになります。

1.姿勢の悪さ

特に背中のあたりの姿勢が悪くていつも丸まった猫背になっていることが多いと自然にどんな人でも呼吸が浅くなってくると言われています。

丸まった猫背というのは一見して楽な姿勢のように思うかもしれませんが、肺が圧迫されてしまうので息を吸ったり吐いたりするときに働くはずの横隔膜が通常通りの働きをしなくなってしまいます。

77cc221578a1e0c1478ae0683a28d155_s

さらに姿勢の悪さはクセになってしまうことから常に浅い呼吸しかしないような時間が長く続いてしまうことがあります。

仕事上座っていることが多い人などは特に背中が猫背のようになっていないか今一度確認をして改善していくようにしていきましょう。

2.ストレスによる影響

姿勢とは関係がないところで浅い呼吸になってしまう可能性として最も高いのがストレスによる影響を受けているというところになります。

長時間の仕事による疲れとストレスであったり、対人関係のトラブルによる影響でストレスを抱えるこることが増えてきていると脳幹に疲労が蓄積したり脳内に活性酸素が溜まってくることで正しい呼吸が行えなくなってくる場合があります。

自分でイライラした状態であると気づいている時と、自分では意識していないけれど実はイライラしてしまっているような場合などもあるのでストレスの影響だと気がつかないこともあると思います。

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s

リラックスできない状況はストレスになることが多いので、自宅以外の場所に長時間いるだけでも実は大きなストレスになっていることもあります。

デスクワークで長い時間座ったままになっていたり、深夜まで残業をしているような人は毎日多大なるストレスを溜めこんでいるので浅い呼吸になりやすい傾向にあります。

それ以外にも自分の意思ではやりたくないことをしなければいけなくて胃が痛いようなことがつづくとそれもストレスになり、浅い呼吸の原因となることがあります。

キューっと胃が縮まって痛いような感覚によくなる場合は要注意です。

呼吸が浅い症状を改善するには?

それではここからどうやって浅い呼吸の対処をしていくべきかというところについてお話していこうと思います。

1.お腹から息をするように意識する

いわゆる「腹式呼吸」と言われているようなお腹からゆっくりと息を吸って、そして吐いてという深い呼吸を繰り返していくゆおうにすることでリラックス効果を得ることができるようになっています。

特に「あ、今イライラしてるかも」と自分で気がついたような時にはまずは呼吸をゆっくりにしながらお腹から息を吸うように意識してみて下さい。

しばらくすると落ち着いてきてイライラした気持ちが治まることがあり、それが浅い呼吸の対策にもなっていきます。

2.猫背を改善する

座ったときに猫背になってしまっている人はまずは姿勢を正していくことで肺が圧迫される状態から解放してあげるようにしていきましょう。

背中を意識しながらピッと真っ直ぐにするようにして座るだけでも違ってきますし、意識するのが難しいという場合は骨盤矯正クッションなどをお尻のところに置いて座ると違和感なく姿勢を正すこともできるようになっていきます。

歩くときや立っているときも背中が曲がっていないかどうか鏡を見てみて、もしも猫背のようになっているのであれば立っている間もできるだけ背筋を伸ばすように意識して改善していくようにしましょう。

3.水素水で脳内の活性酸素を除去する

浅い呼吸や、呼吸が浅いことによる影響でたまってしまった疲労感などを改善するためには水素水を飲んで活性酸素を除去するのが最短かつ最も効果的に症状を改善できる方法となります。

DSC02973

呼吸が浅いために血行不良になったり、代謝が落ちてしまっている状況についても水素水の抗酸化作用と血流改善効果によって解消していくことができるので一石二鳥の効果が得られるようになっています。

浅い呼吸のまま寝てしまった時が一番脳内に活性酸素が溜まってしまいやすい時期でもあるので、起きてすぐに水素水を飲むことで浅い呼吸によって起きてしまった影響を除去することが可能です。

(注目記事)一番人気の水素水を実際に使って感じた本音

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です