口内炎が痛すぎる!あまりにも痛みが酷い時はどう対処する?

一度口内炎ができてしまうと食事のたびに患部がしみたりして非常にイヤな気分になりますし、口内炎が痛すぎると気分まで滅入ってしまいますよね。

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s

ただでさえ治りにくくて長引きやすい口内炎の症状が悪化してあまりにも痛すぎる状態になってしまった時にはどうやって対処するべきかというところについて解説していこうと思います。

あまりにも口内炎が痛すぎた時の体験談

私が過去に口内炎ができてしまった時は直径にして1センチを超える大きな口内炎にまで成長してしまったために、口内炎パッチを貼ろうとしても上手くいかず、薬をつけても唾液ですぐに流れてしまってほとんど効果がないので最初のうちは対処法がわからずに自然治癒を待つしかできませんでした。

1週間くらいすれば自然に痛みも消えるだろうとかすかな期待を胸に何とかやり過ごしていましたが、いっこうに治らず。。
食事をするたびに塩分が口内炎にしみて激痛が走ったり、しゃべるたびに唇にできた口内炎が歯にあたって激痛が走ると言った具合で泣きたくなる思いをしていました。

薬をつけたり塗ったりすることができない以上、対処をするには体の内面から自然治癒力を活性化させていくことで治りを早くするしか方法はないだろうと感じるようになってから変化が訪れました。

口内炎が痛すぎるときに対処する方法

ではここから、実際に私がどのようにして痛すぎる口内炎をスムーズに治していったのかというところについて解説していこうと思います。
まず口内炎ができた時の私の体調は正直かなり疲弊していてとても元気とは言えない状況にありました。

終電近くまで残業をしなければならないような状況が続いていて、睡眠時間はかなり削っていたような生活を続けていましたし、食事を摂る時間もバラバラで食事内容も不健康極まりないものばかりでした。

  • コンビニ弁当
  • マクドナルド
  • カップ麺

これらのような添加物や保存量の塊のようなものばかりを食べていたということもあって、口内炎だけでなく肌荒れも起きていたような状態でした。
このままでは流石に自然治癒力どころの騒ぎではないと感じていたので、いったん体の中の老廃物をすべて綺麗にデトックスする必要があるということでデトックス効果の高い水素水を使って対策をしてみることにしました。

その結果見事に読みがあたって、水素水を飲むことによって体内の毒素が抜けていったためにまずは体調が一気に良くなっていきました。
続いて体の免疫機能がしっかり働くようになってきたために荒れがちだった肌が綺麗になり、痛すぎる口内炎も順調に小さくなって痛みが引いていきました。

効果には個人差があるので口内炎の痛みが治まるまでにかかる期間についてはバラつきが出てくることはあると思いますが、参考までに私が口内炎の対策として水素水を飲んだ時には水素水を飲み始めて5日経過したころには痛みがほとんど気にならないレベルになっていました。

そして飲み始めから1週間げ経過した頃には口内炎による腫れや炎症についてもほとんどなくなっていたので、間違いなく水素水を飲んだことによって自然治癒量が向上した結果が出てきたと感じました。

実際に私が使用したのはアルミパウチ容器に入っていることで水素濃度を逃すことないように工夫されている水素たっぷりのおいしい水というものです。今既に口内炎が出てきてしまっているという時に飲んでもいいですし、頻繁に口内炎ができてしまう体質を改善していきたいと思っている場合も飲んで見る価値のある水素水になっています。

実際に水素たっぷりのおいしい水を飲んでみた効果と体験談はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です