口内炎が長引く原因は?治らない口内炎の治し方

忙しい日々続いていたり、乱れた生活習慣になっている口内炎が突然できてしまって痛いということになる場合があると思います。

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s

口内炎くらい放っておけばいずれ治るだろうし・・・と思って放置していると、普段はそれでも1週間程度から長くても2週間くらいまでで治っていた口内炎が1週間を超えて、さらに2週間を超えてもいまだに引きずってしまったりすると流石にこれって何かおかしくないか?と気になりはじめますよね。

そんなに長引いてしまうと、せっかくどこか美味しいお店にいって食事をしても口内炎にしみてしまって痛さのせいで美味しさが半減してしまうこともあると思います。

口内炎が長引く原因はどこにあるのかということと、なかなか治らない口内炎を治す方法について解説していこうと思います。

なぜ口内炎が長引くのか

誰にでも経験のある口内炎が思うように治らずに長引いてしまうのにはしっかりとした原因が存在しています。
そもそも口内炎ができてしまった原因として考えられるのはストレスの蓄積や生活習慣、食生活の乱れなどによって体の免疫力や抵抗力が弱くなっている状態で細菌やウィルスに感染してしまったというところにあります。

感染経路として考えられるのは、何かを食べている時に口の中を噛んでしまって傷ができ、そこから直接細菌が入ってしまったとか、もともと見えないくらいの小さな傷が口の中などにできていて、空気を吸った時にたまたま空気中に飛散していたウィルスが体内に入り込んでしまったなどといったものになります。

免疫力や抵抗力が正常な状態にあれば、かりにウィルスや細菌が入り込んでしまった口内炎ができてしまったとしても、しっかりと免疫機能が働いていれば1週間や2週間で自然と症状は治まってくるものです。

それが平均以上に口内炎が長引くようであれば、免疫機能が働いていないというところが原因として一番大きなところになってきます。
その他、口の中に口内炎ができている状態なのに口の中を清潔な状態で保つことが出来ていない要な場合も、口内炎が長引くことにつながりやすいといえます。

口内炎が長引くときの対処方法

それでは口内炎が長引くときにどうやって対処していくのが手っ取り早くて効果的なのかというところについて解説していきます。

1.口の中は清潔にする

食べた後にはすぐ歯磨きをして、マウスウォッシュなどを使いながら殺菌するようにしていくことで常に口の中は清潔と言える状態をキープするようにしましょう。

食べかすなどが残っていると、短い時間でもすぐに菌が繁殖してしまうので免疫機能による口内炎の自然治癒を遅らせる要因となってしまいます。

タイミングとしては食事をしたらその後すぐにまずは歯を磨くようにするのが理想です。そうしないと結局寝る前になるまで歯を磨かなかったり、最悪の場合は歯を磨くことを忘れたまま寝てしまうこともあります。

寝ている間に口の中の菌はさらに繁殖するので症状の改善がさらに遅くなってしまいます。

2.免疫力を高める

長引く口内炎を少しでも早く解消していくためには、体の免疫力と抵抗力を高めるようにしていくのがベストです。
口内炎パッチや塗り薬なども出回っていますが、そういったものを使っていても免疫力が高まっていなければあまり効果が見られずにほとんど治らないというケースもあります。

  • 睡眠は十分な時間(最低6時間)は確保する
  • 添加物の少ない食事を心がける
  • ストレスは溜めずに発散する

免疫力を高めるためにはこういったことが重要となっています。

ただ、そう言われても中々実行できないので免疫力も高まらずに口内炎が長引いてしまう・・・というのが現状の方もいると思います。
そういった時は免疫力を一気に高めるために抗酸化作用で免疫アップを促すことができる水素水を使うのが時間短縮になります。

どうしてもストレスなどが原因で体に悪玉活性酸素が蓄積しているままだと活性酸素の影響を受けてしまってなかなか免疫力が高まらないので、体の中を一気にデトックスしてクリーンにできる水素水を使うことは免疫の向上にも多きく役立つようになっています。

【注目記事】免疫力を高められる!話題の水素水を実際に使ってみた結果

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です