唇が青くなるのは病気なの?原因と対策方法まとめ

とくに体調が悪くないのに唇が青くなるということはありませんか?唇が青く変色してしまうと自分ではそんなに体調は悪く無いのに・・・と思っていても周りから見るとものすごく体調が悪そうに見えてしまいます。

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

もちろん本当に体調が悪いし唇も青くなっているということもあるかと思いますが、この唇が変色してしまうのは何かの病気なのではないか?とだんだん不安に感じてきますよね。

今回は唇が青くなる原因と対策方法についてまとめて解説していこうと思います。

なぜ唇が青くなるのか

動脈の血液内部で酸素飽和度が下がってくると、「チアノーゼ」と言われる症状によって顔色や唇など全体的に肌の色が薄汚い色に変色したりするからです。

チアノーゼになってしまうのには大きくわ分けて2つの原因が考えられます。

1.血流が悪化する

寒いところに長時間滞在したり、冷えた水分を摂り過ぎて体の内側から冷えきっている状態になると血色が悪くなって唇の色が青くなることがあります。これはチアノーゼのひとつの症状でもありますが、誰にでも起こる生理反応とも言えます。

上記のようなもの以外で慢性的に唇が青くなることが多いという場合は、食生活の乱れや睡眠不足、ストレスの蓄積などによって血液がドロドロになっているために血流が悪化しているということも一つの原因として考えられます。

2.心臓や肺の病気にかかっている

チアノーゼは先天性の心臓病などといったように心臓の働きに問題が生じるような病気や、肺に関わる病気になってしまったことから吸い込んだ酸素を肺から血液中へと上手く運ぶことが出来なくなっている状況でもかかってしまいます。

もしも心臓の音などに何かおかしな点や雑音などが混ざっているようであれば心臓病になっている可能性が高くなります。
重症になってくると心不全や呼吸器系のトラブルに発展しかねないので、早い段階で心臓専門医に診てもらって検査を受けるようにしたほうがいいかと思います。

しっかりとした結論が出るまでは良かれと思って運動などをしてしまうことがないようにしましょう。

唇が青くなる状態を改善するための対策方法は?

今回は血流の悪化によるチアノーゼ、そして心臓や肺の病気などといったようなトラブルが原因で唇が青くなることがあるということについてお話してきました。

どちらが原因だったとしても早め早めの対応をしていくべきなのですが、できるだけスムーズに自宅でも症状を改善させることが出来る方法があります。

それは血流の改善にも効果がり、心臓や肺の病気などについても効果が有ると言われている水素水を飲むよにするということです。

DSC02973

水素水には食生活の乱れや睡眠障害、ストレスの蓄積などによって溜まった活性酸素を還元する作用があるので、そこからドロドロになってしまった血液に老廃物が含まれない綺麗な状態に戻すことができるようになっています。

さらに水素水は三大生活習慣病でもある心筋梗塞にすらも効果があるとされています。

とくに血液が流れだす時に発生する大量の活性酸素が心臓を攻撃してしまうことがあるのですが、水素水を飲んでおくと活性酸素が弱った心臓をさらに攻撃して心筋にダメージを与えてしまう前に無害な水へと中和することができます。

なので心臓にかかってくる負担などを減らすことができるようになり、結果として心臓病や心筋梗塞など心臓まわりの病気を未然に防いだり改善していくこともできるようになるということです。

もし唇の色が青くなる・・・ということが気になりだしたのであれば先に水素水を飲んでおけば後から重症となるような病気にかかってしまうこともなく、現状の気になる唇の色が解消されていきます。

私が唇が青くなった時に症状を改善できた水素水はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です