唇がピリピリする原因は?症状を改善させるための具体的な手段とは

CRI_IMG_6008_TP_V

とくに身に覚えはないのに最近なんだか唇がピリピリするようになってきたり、痒みを感じることがあるというような症状に苦しまされている人がいるようです。

そもそもなぜ唇がピリピリしはじめたのかという原因についてまずは見ていきながら、症状を改善するために必要な具体的な対策方法についてシェアしていこうと思います。

唇がピリピリする原因

まず何もしていないのに唇がピリピリしはじめる原因となるのは口唇ヘルペスという病気にかかっている可能性が最も高くなっています。

口唇ヘルペスというのはまさに唇やその周辺の辺りがピリピリしたりチクチクとするような違和感をっ感じたりかゆみを感じるようになった後に痛みを伴う水ぶくれができるような状態になる病気となっています。

そのため減容で唇がピリピリするかも・・・と感じている場合はもう少し時間が経過すると症状が変化してきて痛みを感じるようになってくるはずです。

口唇ヘルペスにかかる人は大体なぜ自分がその症状になってしまったのかということを把握していない場合が多いのですが、それもそのはず。そもそも口唇ヘルペスにかかる原因はウィルス感染によるものであるからです。

人が使ったタオルやコップなどを介入してウィルスが侵入してしまうこともありますし、電車などの人が多く集まるところで空気中に舞っていたウィルスをたまたま吸い込んでしまったということも考えられます。

感染経路はいかようにも考えられるのでどこでもらってきてしまったのかということに覚えがない人が多くなっています。

なぜ症状の発症を防げなかったのか

実はこの口唇ヘルペスのウィルスでもある単純ヘルペスウィルスはどこかから体内にそのウィルスが侵入してきたからと言って必ず口唇ヘルペスの症状がでてしまうというわけではありません。

ウィルスに負けてしまったから口唇ヘルペスの症状が表にでてきてしまったということです。

栄養のバランスがとれている食事をしっかりととれていなかったり、十分な睡眠時間の確保、適度な運動などができていなかったりするとウィルスに対抗するための免疫力がない状態となってしまうのでいとも簡単に単純ヘルペスウィルスに負けて症状が発症してしまうことになります。

それだけ日常生活の中にも注意すべきポイントがたくさんあったということです。

唇がピリピリする口唇ヘルペスを解消するには?

まずはあまり症状が出ている唇の箇所を刺激しないようにしていきながら体内からウィルスに対抗する耐性をつけていくようにする必要があります。

もし唇がピリピリしたりして気になったとしても触れたりしてはいけません。
手で触れると手にウィルスが付着し、その手でどこかに触ると今度は他人にウィルスを広めてしまう結果につながることもあるので注意してください。

ウィルス耐性を高めるためにどうすればいいのかと言うと、まずは病院にいって診察をして抗ヘルペスウィルス薬などを処方してもらった方が安心できるかと思います。

ただその薬を服用したとしてもすぐに症状が改善されることはなく、一時的にさらに症状が悪化してしまうこともあります。

それはもともと持っている体内のウィルス耐性が低いままの状態で薬でウィルスだけを撃退しようとしているからです。

少しでも早く症状を改善させるためには今病気の治療や老化防止などで使われることが多い水素水を使って体内の免疫力を高めるようにしていくのが理想的です。

口唇ヘルペスは再発の可能性も非常に高い病気でもありますが、水素水を飲みながら免疫力を高めていくようにすれば症状が一度治まった後に再発してしまう可能性も限りなく低く抑えることが可能です。

(注目記事)免疫力アップに最適!高濃度水素水を実際に使ってみた効果と購入体験記

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です