【危険信号】口の中に水泡(水ぶくれ)ができる隠された本当の理由

普通に生活をしている中でふとした時に口の中に何だかよくわからない違和感を感じて、鏡で口の内部を覗いてみると見たこともないような水泡(水ぶくれ)のようなものができてしまっていたということはありませんか?

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s

今まで口の中に水泡(水ぶくれ)ができてしまうようなことはなかったのに、突然そのようなものができてしまうと正直かなりびっくりしてしまうのではないかと思います。

あまりに不自然な症状なのでもしかしてこれって何か重大な病気の前兆なのでは?というような不安が頭の中をよぎることもあると思います。
水泡や水ぶくれというものは普通は皮膚の表面に熱湯がかかってしまって火傷をした時なんかに出てくるものだと思いますが、なぜそれがよりにもよって口の中にできてしまうのでしょうか。

正直口の中に何か異物ができてしまうと食事の際に気になることが多いのでかなりストレスに感じることが多いですよね。
実はこの症状をそのまま放っておくのはかなりの危険とリスクを伴うことであると言われています。

免疫力が低下してウィルスに感染している可能性

口の中に突然水泡ができてしまうということは何かしらのウィルスに感染してしまっている可能性が高くなっています。
特に体が疲弊していたり、ストレスや睡眠不足などが続いていることから体力が落ちているようなときにウィルスから体を守ってくれている免疫力が上手く働かなくなってくる場合があります。

慢性的なストレスによる活性酸素の蓄積などによって免疫力が大きく低下してしまうこともあるのですが、その場合は口の中や手足などに水疱性の発疹などがポツポツとできはじめる場合があります。

41f9ff7f2cb53dec61e08c33411340c8_s

実はこの症状はもともと免疫力が低い子どもに多い症状であるとも言われている手足口病の一種となっています。
手足口病は一般的に夏の暑い時期に子どもがかかってしまうことが多いとされていますが、ストレスが溜まりすぎていたり仕事や家庭内で何かトラブルがあって精神的に疲弊している状態になっていると大人でも季節に関係なく感染してしまうリスクがあります。

口の中に水泡や水ぶくれができてしまったときに痛みがあるかないかで症状の大きさが違ってくるのですが、痛みがある場合はそこから症状がさらに深いものに変わってしまっていくこともあるので注意が必要です。

もし痛みはなかったとしてもそのままほうっておくと突然高熱がでてきたり、吐き気からの嘔吐や体の慢性的なだるさなどに繋がることがあるので早い段階で改善するようにしていくのが重要となっています。

体内に溜まったウィルスを除去する水素水を使う

口の中に水泡ができてしまっている状態というのは普通ではないので、まずは体の中に溜まっている可能性がある有害なウィルスを排除するようにしていくのが適切な対処方法といえます。

そのためには最近は医療機関で病気の治療などに使われることも増えてきている水素水を飲むことによってウィルスを体の外へ排出するようにしていくのが効率的です。

DSC02973

その他睡眠不足やストレスの蓄積が酷い場合は中々免疫力が戻ってこないことがあるので、まずはしっかりと睡眠時間を確保してストレスは溜まらないように適度に発散させるように心がける必要もあります。

その上で水素水を毎日飲むようにしていけば体の中の毒素やウィルスなどが一掃されて綺麗にデトックスされた状態を作ることができるので免疫力を取り戻して口の中の水泡や水ぶくれの対策をすることが可能となっています。

少しでも早く症状を抑えたい!という場合は参考にしていただければと思います。

【注目記事】口の中の水泡やい水ぶくれに効く!水素水を飲んでみた効果と体験談

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です