慢性的な胃もたれを改善するために役立つ水素水の効能とは?

ちょっと食べ過ぎたくらいですぐに胃もたれのような症状がでてきてしまったり、そんなに食べているわけでもないのになぜか胃もたれを起こして気持ち悪い状態になってしまうような慢性的な胃もたれと言える状況になってしまうと本当に辛いですよね。

a1c84f1772205477010681dc7d78d077_s

慢性的な胃もたれは胃薬などを使ってその場限りの対策をしていても埒が明かないことが多いので、根本的に体質から改善していかなければこの苦しい胃もたれの連続を解消させることはできません。

私も以前はそんな頻繁にやってくる慢性的な胃もたれのせいでちょっとした食事会があった時にも羽目をはずして食べ過ぎた時なんかは苦しい胃もたれにやられてその後しばらく寝込んでしまったりしていたことがあります。

食べている最中は美味しいし楽しいので気分もよくなっているのですが、その後に胃もたれがやってきてしまうと「やっぱりやめておけばよかった・・・」なんて後から後悔してしまうことになってしまいますよね。

私の場合そのような辛い胃もたれを解消することができたきっかけとなったのが水素水なんです。

なぜ慢性的な胃もたれになってしまうのか

健康的な胃腸の状態をキープできていれば普通は食べたものは2〜3時間程度で消化されていきますので、胃の中に食べ物が長い間滞在するということもないのでもたれてしまうこともありません。

しかし、胃もたれがおきてしまうということは食べ物が消化されずに胃の中に長時間に渡って滞留してしまっていることから感じる不快感が症状となって現れている結果です。
それではいったなぜこのように胃の中に消化できない食べ物が滞留してしまうのでしょうか。

  • 加齢によって胃腸の免疫力が低下している
  • 暴飲暴食の結果として胃腸がボロボロになってしまい消化不良を起こしている
  • ストレスや喫煙などで胃が汚れている

このような点が原因となって胃の働きが常に低下している状態となっているために、何かを食べた際には少ない量でも胃に滞留してしまう時間が長くなって十二指腸へなかなか送られないの胃もたれを頻繁に起こしてしまいます。

私の場合はこの中でいうところの暴飲暴食によって胃がボロボロになっていたのが原因で慢性的な胃もたれ担っていたのではないかと思います。

その際一度病院で診てもらったこともありますが、胃カメラで調査した結果やはり胃にはたくさん炎症などが起こっているということが判明しました。
胃もたれ以上に大事にはいたらなかったが幸いでしたが、そのままの生活を続けていると何が病気にかかってしまう可能性もありました。

水素水が慢性的な胃もたれを改善するきっかけに

最近は水素水の健康に対する作用が話題になることも多くなってきており、病気や体の不調を改善されるということから私も水素水を飲み始めました。
毎日水素水を飲むようにしてから1週間くらいたったころでしょうか。

これまで私が胃もたれになっていたような脂っこい食べ物を食べてしまって、これは後から胃もたれくるかも・・・と覚悟をしていたのに一切胃もたれが起こりませんでした。

正直これは私もびっくりしましたよ。

胃もたれを解消しようと思って水素水を飲んでいたというわけではなく、健康全般のことを考えての使用だったのですが、こんなところで効果を発揮してくれるとは思っていませんでした。

DSC02974

特に水素水を毎日飲むということ以外は特別なことは何もしていなかったので、間違いなく水素水によって胃の不調が改善されたのではないかと思います。

水素水は体の中の活性酸素を除去してくれたり、腸内環境を活発化させることができるという効果があるので腸に老廃物が溜まりにくくなって消化不良を起こさなくなったのが今回のように胃もたれを起こさなくなった理由であると思います。

慢性的な胃もたれもそうですが、こういった体の不調や悩みのタネを改善していけると本当にスッキリ爽快な気分になりますし、何よりストレスが無くなって嬉しいですめ。

もし私と同じように慢性的な胃もたれに悩んでいるという場合は水素水を使ってみると症状を解消できるきっかけになってくれるかもしれません。

私が慢性的な胃もたれを改善できた水素水はこちらです。

 

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です