慢性的に胸が痛い!胸痛の原因と対処法

何だか最近理由はよくわからないけど慢性的に胸が痛いかもしれない・・・と言った悩みをもっていませんか?
実は私自身もついこの間まで胸痛が酷くてかなりつらい思いをしていました。

3892dc643c2aba6cb5fb4ad48871bae0_s

突発的に胸がキューっと締め付けられるように痛くなるのも確かに辛いですが、そこまではひどくなくとも鈍い胸の痛みが慢性的に続くのもかなりストレスが溜まりますし、集中力が途切れてしまうことにつながってしまいます。

今回はとくに厄介ともいえる慢性的に胸が痛いという胸痛の症状がでてしまう原因と適切な対処方法についてお伝えしていこうと思います。

実は胸の痛みはもっとも日常的に起こりやすい

胸部には心臓だけでなく、肺や心臓から出ていく大動脈、食道、肋骨や肋間神経などといった様々な器官がまとまって存在している部分でもあります。

そのため実はひとくちに胸痛がつらい・・・と言ってもその原因は多岐にわたりますし、原因となる部位が多いことから症状として出てしまう可能性が高いということも言えます。

慢性的な胸痛の原因とは?

慢性的な胸痛の原因は大きく分類すると以下のようなものに分かれています。

1.帯状疱疹や胸膜炎などの病気

帯状疱疹は別名でヘルペスなどとも言われている病気なのですが、体の免疫力が低下しているときに帯状疱疹ウィルスに感染した時に症状が発作として起こり始めるようになります。

また、胸膜炎などについても何らかの原因によって体力が極度に低下していたり、身体の免疫力が落ちてしまった時に感染症や悪性腫瘍などにかかってしまったときに症状がでてくることがあります。

2.逆流性食道炎などの消化器系の疾患

逆流性食道炎についてはストレスの蓄積などによる影響を受けてしまうことで食道粘膜の胃酸に対する感受性が高まったときに胃酸が上の方へと逆流してしまう場合があります。

そうすると食道粘膜が激しく反応しはじめるので胸焼けなどの症状が強くでてくることがあります。
その症状が悪化してくると胸焼けでは済まなくなってきて心臓や胸の辺りに鈍い痛みを伴うようになってくるということです。

3.狭心症

そして実はこの狭心症についてもストレスなどが原因で胸の痛みや圧迫感を感じてしまうと言われています。

どちらかというとこの狭心症については発作的に痛みがでてくることが多いのですが、継続的にストレスが続いているような場合はこれまでは発作的だった狭心症による胸の痛みも段々とその頻度が高くなってきてしまいます。

慢性的な胸痛を改善するための対処法

慢性的にやってくる胸痛はなぜ起こるのかという仕組みについてもお話しましたが、実際にその状態から抜け出して解消していくためにはどうするべきなのでしょうか。

どれも共通して言えるのは、免疫力が落ちているということと、ストレスが蓄積しているというところにあります。

そもそもストレスが溜まっていることによって体の中の免疫力を低下させてしまう悪玉活性酸素などが大量に作られるようになってしまうことが今回のような胸痛が起きてしまう大きな原因となっています。

そのため対処していくのであればストレスを溜めないようにするか、ストレスによって溜まる悪玉活性酸素が免疫力に悪影響を与えてしまうのを未然に防ぐために中和していくようにすると効果的です。

そのためには特に活性酸素に対する還元力の強い水素水などを飲むようにしていけば今回のような慢性的な胸痛なども比較的早い段階で改善していくことができるようになります。

水素水にはストレス要因でたまった活性酸素を除去できるだけでなく、抵抗力の弱まった心臓を活性化させたり、血液の流れを良くして虚血状態を改善する作用もあるのでそういった理由からの心臓疾患なども防ぐことができるようになります。

【写真あり】胸痛などにも効果の高い水素水を実際に飲んでみた効果と体験談

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です