慢性的な胸焼けで苦しい!すばやく対処するためのポイント

胸焼けというのは通常はついつい食べ過ぎてしまったような時や、高脂肪かつ高カロリーな食事をした後のタイミングなどで症状が起こったりする事が多いのですが、なぜかそうではない時でも慢性的な胸焼けの症状がでてしまうということはありませんか?

3892dc643c2aba6cb5fb4ad48871bae0_s

食べすぎや飲み過ぎなどといったような明確な原因がわかっているならまだ納得ができても、そうではないのに常に胸焼けのような状態がつづいていると苦しいし気持ち悪いしでかなりのストレスが溜まってしまいますよね。

なぜ慢性的な胸焼けのような状態になってしまうのか。その原因と素早く対処していくためのポイントについてまとめていこうと思います。

慢性的な胸焼けになる原因

実はこの常に胸焼けをしているような感覚に陥る状態というのは胃酸や胃液などの酸性で熱を持っている液体が食道から逆流してきてしまうために胸の辺りに炎症を起こしてしまっている状態の逆流性食道炎による影響の一種という可能性が最も高くなっています。

胃酸というものは体の中には必須な存在で、普段は食事の際に食べたものを消化するために働いている液体でもあります。

ただし、消化するということはそれだけ強い酸をもっているということでもあるので、もしもその胃酸が逆流してしまうようなことがあればそれだけ体内の色々な箇所に傷をつけてしまったり炎症を起こさせてしまう可能性が高くなるということでもあります。

胃の中に胃酸がある分には胃の粘膜によって胃自体はしっかりと守られているので影響はないのですが、逆流してきて食道などに胃酸がたどり着いてしまうと粘膜に守られていないために食道の周辺が焼けただれてしまうような状態になってしまいます。

その時の症状として胸焼けのように感じる場合があり、さらに胃酸が定期的に逆流してきていると炎症が治まらないので慢性的に胸焼けを起こしたような状態になるということです。

なぜ胃酸が逆流したのか

胃酸が逆流してしまうことによって慢性的な胸焼けの症状が出てしまっているとしてもどうしてそのような状態になってしまったのかというところを具体的な習慣レベルでも解説していきます。

以下のような習慣は全て胃酸の分泌量が過剰に多くなることから逆流してしまうリスクを高めてしまうと言われています。

  • 高脂肪高カロリーな食事を食べる
  • 炭水化物を食べる
  • 糖分が多い食べ物やお菓子を食べる
  • 刺激の強い香辛料を食べる
  • お酒を飲む
  • タバコを吸う
  • コーヒーなどカフェインを摂取する

こういった習慣はどれも胃液の分泌を促進することから胃液や胃酸の逆流および慢性的な胸焼けの症状へとつながってしまうようになります。

胸焼けを改善するために役立つ水素の効果とは?

慢性的な胸焼けを引き起こしてしまう胃液や胃酸の過剰な分泌や、その影響による食道などの炎症をスムーズに解消させるためには、病気の治療などにも使われるようになってきている水素水が効果的です。

水素水を飲むことによって水素分子が炎症を起こしているところにも直接作用することで炎症を早く治すことができるようになりますし、胃酸の逆流や過剰分泌といった状態を水素の抗酸化作用によって抑えることができるようになっています。

P1010637

水素水でダイエットなどをする場合はある程度の期間が必要になってきますが、今回のように慢性的な胸焼けのような症状であればそれよりも早い段階で水素による炎症の抑制作用なども現れるようになってくるのでスムーズに症状を改善することができるようになります。

なかなか慢性的な胸焼けが治らずに苦しい!というような場合は水素水を使って対処をしてみるのが理想的な対処法と言えます。

【体験談】慢性的な胸焼けを解消!水素水を実際に使ってみた効果

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です