マイコプラズマ肺炎の適切な治療法と再発を防止するための予防策

どちらかと言うと小さな子どもよりも小学生以上の子どもがかかってしまうケースが多いとされているマイコプラズマ肺炎ですが、成人でも発症してしまうことがあるということで注意しなければならないということが広まっています。

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

初期の症状としては普通のかぜと同じような症状がでてくるので、なかなか自分でマイコプラズマ肺炎であるということに気づける人はいないと思いますが、診察をしてみると実はマイコプラズマ肺炎であったということが判明したというパターンも多いですね。

特に日本人は体質や生活習慣からマイコプラズマ肺炎にかかりやすいと言われており、死因としても第3位と言われるくらいに重大な問題とされています。

今回はマイコプラズマ肺炎を早く解消するための治療法と再発を防止するための予防策について解説します。

マイコプラズマ肺炎を放っておくとどんな問題があるのか

体の中にマイコプラズマが侵入してから約2週間程度は症状はでずに潜伏していることが多いのですが、潜伏期間が終わったら発熱から始まって数日後には咳がではじめます。ここまでは普通の風邪であっても似たような症状がでてくることもあるので休んでいればすぐに治るだろう・・・と甘く考えてしまうことも多くなっています。

しかし次第に以下のような症状が同時に発生してきます。

  • 咽頭痛
  • 全身の倦怠感
  • 筋肉痛
  • 治まらない発熱
  • 空咳と痰が絡んだ頑固な咳

発病すると上記の症状が数週間から1ヶ月以上にも渡って続いてしまうことも少なくありません。
さらに感染している状態で不用意に他人に近づいたり接触するとマイコプラズマが感染してしまう可能性もありますので、全身の症状が引いて体調が回復するまでは外出も控えるべきとなっています。

マイコプラズマ肺炎を治療するには?

一般的にマイコプラズマ肺炎の治療を行う際は抗生剤を使用することが多くなっています。
以下のような抗生物質がよく使われます。

  • マクロライド系抗生剤
  • テトラサイクリン系抗生剤
  • ニューキノロン系抗生剤

これらの抗生物質に加えて咳や鼻水、鼻づまりなどの症状が出ている場合はそれらを緩和させるための薬を使うことも多いとされています。

373c6934daa262a5e9d282a799fb086c_s

しかし、最近ではこういった抗生物質を使ってもなかなか効かない人が増えてきているということや、抗生物質による副作用などの症状がでてくることあるということで問題視されている状況が続いています。

マイコプラズマ肺炎の予防および症状を緩和させる方法

まずマイコプラズマ肺炎であってもそれ以外のウィルスだとしても流行している時期にはなるべく外出をしないようにするということは予防をする上で必要となってきます。

人混みは可能な限り避けつつ、どうしてもいかなければならない場合はマスクを必ず着用するようにしましょう。そして帰宅した際にはきちんとうがいや手洗いをするということも基本です

また睡眠不足や栄養不足、ストレスの蓄積は体のウィルス耐性を下げてしまいますし、感染した後の発症率を高めてしまう原因にもなってしまいます。

なので睡眠時間はある程度確保すること、そして食事はきちんと栄養のあるものを取りつつストレスは溜めないようにすることも重要です。

その上でさらにウィルスなどの耐性を高めていく場合は病気の治療などにも使われることが増えてきている水素水を導入してみると効果的です。

水素水にはもう治らないと言われていた難病や癌なども改善することができる力があるとされており体内の免疫力やウィルス耐性を高める作用もあります。

そのためそもそもマイコプラズマのウィルスが入ってきても症状を発症させることなく自然消滅させたり、仮に発症しても短い期間で改善できるようになります。

現在既に重大な症状が出ている場合は医師にまずは相談して処方された薬などを服用するべきですが、水素水は薬と併用しても全く問題がないので早く症状を和らげたいという場合も使ってみる価値はあります。

最もコスパの高い水素水を実際に飲んでみた評価と体験談

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です