水でも太る!?ダイエット中のよくある悩み

どんなに運動したりお風呂に長く浸かっていても汗をかかなかったり5日以上も便秘の状態が続いてしまうことが頻繁にあるような痩せにくい便秘体質で困っているということはないですか?

特に代謝が悪いと頑張ってダイエットをしていても痩せにくいですし、食事をかなり制限しているつもりでも太るということもよくあります。

ひどい状態だと水でも太るという方もいるようです。
d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s

ダイエットをするためには「水をたくさん飲むといい」という話も一時期広まっていましたが、本当に水を飲むことが原因で太るようなことはあるのでしょうか。

水のせいで太ってしまったのかもしれない・・・といった悩みを抱えている時点でかなり追い込まれている状況だとは思いますので、実際のところどうなのか。水で太るというくらいに代謝が悪い状態から痩せやすい体質に改善していくにはどうするべきなのかお話していきます。

基本的に水を飲んで太ることはない

まずもし水で太ったと感じていたり、体重が増えたのであれば考えられる原因は以下のようなものとなります。

  • 単純に体内の水分量が増えたためその分体重が増えた
  • 水以外の食事内容に問題があった
  • 代謝が極端に落ちているため普通の食事でも太る体質になっていた

大きな括りで言うと水で太ると感じてしまう原因はこの中のどれかに該当してくるかと思われます。
水にも重量がありますので、1リットルの水を飲んだらその水分が体外に出るまでは1キロ体重も増えます。

そのため尿として水分が抜けるか、汗として外に出て行くまでは体重は重くなるのは確かです。
ただし、水を飲んで脂肪がついたりする可能性はゼロですので、太るということはありません。

一番多いのは水分量がどうというよりも、それ以外の食事による摂取カロリーや糖分の摂取量が多いという点でしょう。
よくスポーツをしている人のように基礎代謝が高いのであればある程度高いカロリーの食事を食べていても太らないのですが、そうではないとなると普通よりもちょっと多いくらいの食事量でも簡単に太ってしまいます。

それくらいに基礎代謝が高いのか低いのかによって太りやすさには違いがでてくるんです。
結論を言いますと、水のせいで太るということはありません。

体内をアルカリ性にするダイエット方法

実は飲む水によってアルカリ性か酸性か大きく違っています。
特に水道水などに関してはあまり飲むと体の中を酸性にしてしまうので、代謝にもよくないと言われています。

逆に体内のサビを取り除いてアルカリ性にしていくと、代謝がよくなるだけでなく体の老化を防ぐことが出来るようになっていきます。
基礎代謝が上がるということはちょっとやそっとでは太らない理想的な体質に変えていくこともできますし、少しの努力で思い通りに痩せたりして体重のコントロールがしやすい状態になるということです。

水で太る・・・ということで悩んでいたあの頃は一体何だったのだろうかというくらいに体質を改善できるのがこのアルカリ性ダイエットのメリットでもあります。

49a63c0876cbcb3f05d2b288cd4f588a_s

体内をアルカリ性に変えて綺麗に痩せるためには水素水を使うのが最も効率的な方法です。
水素水は別名アルカリイオン水や還元水とも呼ばれているもので、天然水を電気分解させて長い時間をかけて作られているものです。

最近では水素水の研究が盛んに行われているので、抗酸化作用もこれまでよりも更に高くなり、ダイエットや美容効果、老化や病気の予防などといった多岐にわたる用途で使われるようになってきました。

もし太りやすい体質で悩んでいるのであればチャレンジして見る価値はある方法です。

(注目記事)体内をアルカリ性に!高濃度水素水の使用レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です