何もしてないのに足がつるのはなぜ?隠された真実と病気の可能性

特に激しく運動をしたりすることもなく、何もしてないのに足がつることが多いかもしれない・・・といったようなことはありませんか?

08b78acd9cc77332cc96e33335e89162_s

このように頻繁に足がつってしまうと、寝ている間だったら急にくる激痛で完全に目が覚めてしまったりしますし、ちょっとだけ歩いているときに急に足がつったりするとそこから歩くこともままならなくなったりするので非常に厄介ですよね。

足を酷使するようなことをしていればつるのも仕方ないとある意味納得できると思いますが、何もそのようなことをしていないなら原因がつかめずにモヤモヤしますよね。

もしかするとこれって病気なのでは?といったような不安点も出てくると思います。

何もしてないのに足がつる原因は?

運動などをしていて足がつるような場合はその原因として考えられるのは筋肉痛などになるのですが、そうではなく何もしてないのに足がつるという場合は筋肉の冷えや血行不良などが原因となって突発的に筋肉が収縮された時に足がつってしまうということが一番大きな原因と考えられます。

この場合は特に筋肉の疲労による影響はないのですが、ストレスや食生活の偏りなどが原因となって体の中を流れている血液がドロドロな状態になっていたり、血行が悪いことから綺麗な血液が足の先までしっかりと流れていかないために起こるものとなっています。

何もしてないのに足がつるのは病気?

それではこの何もしてないのに足がつる症状がでてしまうのは病気の可能性などはあるの?というところなのですが、足がつるだけの症状しか出ていないなら病気である可能性はまだ低いと思っていいでしょう。

ただし病気の前段階にまで来ているという認識を持って、しっかりと症状を改善していくようにしなければ血行不良からの心臓病や腎臓病、肝臓病などといった危険度の高い病気にかかってしまうということも十分にあり得ます。

今の段階では病気ではなくても何もしてないのに足が頻繁につるということで血行の状態が悪いと気がついた段階で素早く対処していくのが理想的ですね。

水素水で血行を促進すると足がつる症状も改善可能に!

ここまで何もしてないのに足がつる原因についてお話してきたようにやはり一番影響している可能性が高いのは血行不良です。

そのため改善していくためにはまずは血液の状態をきれいでサラサラな状態に改善していきながら、足のつま先まで健康的な血液がしっかり行き届くようにしていく必要があります。

そのために何をするべきかというところなのですが、今最も効果が高いと考えられているのが水素水を使った対処をしていくということになります。

水素水には血中に溜まった老廃物などを除去していくことで血液をサラサラにして血行不良を改善すると言った効能があります。

そのため綺麗になった血液は頭から足の先までしっかりと行き届いて冷えや筋肉の凝りなども解消していくことができるようになります。

1本だけ水素水を飲んですぐに足のつる症状が完全になくなる!といったような魔法のような効能はありませんが、少なくとも1週間以上継続して飲み続けていれば実感できるレベルで体調が良くなっていくのでわかりやすいと思います。

頻繁に足をつってしまって悩んでいるという場合は水素水で対策をしてみるのもいいかもしれません。

【写真あり】血行不良改善に効果的な水素水を飲んでみた体験談

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です