何もしてないのに目が充血して痛いのはなぜ?

特に目を酷使したり体に負担を欠けるような行動は何もしてないのになぜか目が充血してしまうということはありませんか?

心当たりがなく何もしてないのに目が充血して痛い状態になってしまうのはなぜなのか。その原因と今すぐ取り組むべき対処方法についてお伝えしていこうと思います。

何もしてないと思いきや目を酷使していないか

自分としてはとくに何もしていないような感覚でいたとしても実際はかなり目を酷使してしまっているという可能性もあります。
パソコン作業が1日の割合的に多かったり、スマートフォンを操作している時間などによっても目が働き過ぎてしまっていて充血してしまう場合があります。

dd6b607a6319e360c9b1f2772ceb63d3_s

だからといって今の時代、スマホやパソコンを使う時間を減らすというのも難しいところがあると思いますので、この場合はまた別の対策方法を考えていく必要があります。

1,部屋の湿度を高めに設定する

もし自宅でパソコンやスマホなどの画面を長時間見ているような場合は、室内の「湿度」を調整して少し高めに設定するようにしておくといいですね。

その際は加湿器などを導入することで簡単に対策をすることもできますし、加湿器を設置するスペースの問題や、コストの問題が解決できない場合は濡れタオルなどを設置するという手段もあります。濡れタオルの場合は2枚くらい部屋に置くようにするとある程度効果があります。

夏はまだいいのですが、秋や冬などの乾燥しやすい季節は室内も乾燥しきっているので湿度としては60%くらいになるように調整すると目の充血や痛みが和らいでいきます。

それでもあまり長時間画面を見続けるのは負担が大きいので1時間に1回くらいは3分程度の休憩をとるようにするという対策も行うべきです。

2.目の乾燥とピントが合わなくなっている可能性

目が充血してくるのは目が乾燥しているからというのも原因の一つとしてありますが、それと同時に目のピント調節機能が低下してしまっているというところも原因として考えられます。

長時間の目を使った作業などは水晶体を伸縮させることによってピントを調節している毛様体筋と呼ばれる筋肉が緊張した状態になってしまうことからピント調節機能が低下すると考えられます。

ピントが合わなくなると目の血行も悪くなるので、余計に痛みや乾燥、充血などを引き起こしてしまう可能性が高くなっていきます。
ビタミンB12やアントシアニン、ブルーベリーエキスなどが入っているサプリメントなどを補給すると目の血行がよくなっていくので効果的です。

水素水の効能で目の充血や痛みを取り除く

疲労回復やアンチエイジング効果などで注目を集めている水素水ですが、実は水素水に目の疲れや充血、痛みなどに対する効果もあるとされています。

DSC02973

体の中から疲労物質を取り除くことができるので、水素水を飲むようにすると今まで感じていた体のだるさや目の周りの重たい感じの症状がサーッと消えていくのを実感できるようになります。

私が実際に試してみた時は目の充血や痛みくらいの症状であれば2日目くらいにはもうほとんどなくなっていたので、効果がではじめるのも早かった印象があります。

水素水には目の充血や痛みを促進させてしまう活性酸素を除去するという効能や、血行を促進する作用があるので飲むだけでも十分症状を改善することができるようになっています。詳しい効果などについては以下に詳細をまとめた記事がありますので、そちらをご覧になってみてください。

実際に使った水素水とその効果をまとめた体験談

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です