何もしてないのに疲れるのは病気なの?

何もしてないのにすぐ疲れるのはなぜなんだろう・・・といったような悩みを持っている方が増えてきています。
中には実際に試してみて寝たきりの状態で1日過ごして本当の意味で何もしていないのに体の疲れがひどくて全く動けないということもあるようです。

67a1100cd2bbd705444382bafa1dc5aa_s

ここまで疲れが酷いともしかして何かの病気なのではないか?と疑ってしまうかもしれません。
実際のところ何が原因なのか、本当に何かの病気なのか詳しく見ていきましょう。

何もしてないのに疲れるのは病気なのか

では実際に何もしてないのに疲れるのはそもそも病気である可能性はあるのか。
だとしたらどんな病気になるのでしょうか。

うつ病である可能性

精神的に強いストレスを感じることが多かったりするとそれまでは普通だった人もいきなりうつ病にかかってしまうということがあります。
またもともと精神力が弱くてうつ病持ちであることを自覚しているという方も少なくないと思います。

もしもうつ病になっていると治療のために自律神経調整薬と抗うつ剤などが一生に投与されることも多くなっているのですが、そうすると薬の影響で心と体のバランスをとることができずに上手くコントロールすることができない状態になることがあります。
さらにうつ病になると不眠になったり、食欲不振になることがあるので中々身体が休まらずに疲れが取れないということもよくあります。

睡眠障害である可能性

睡眠障害になっていると寝ているつもりでも眠りが浅くて疲れが全く取れないという症状がでてきてしまうことがあります。
さらに疲れているはずなのに布団に入ると覚醒してしまって全然思ったように眠りにつくことができないというケースもあります。
これも主に悩み事や過度なストレスなどが溜まっている時に陥ってしまいやすい症状で、特に真面目で何でも頑張ってやるような性格の人はちょっとしたことでもストレスに感じてしまって身体の中に疲労物質となる活性酸素などが増加してしまうこともあるようです。

血行不良や消化不良などの可能性

その他今の段階では病名がついているような病気というわけではなくても血液がドロドロな状態になっている血行不良であったり、腸内環境の悪化による消化不良などが原因となって恐ろしいほどに身体が疲れてしまうこともあります。

腸内環境が悪化しているとそこが原因となって、血液中に老廃物が溜まってきて血液の流れが悪くなるというようにつながってしまうこともあります。
疲労や老廃物の回収がスムーズにできなくなってくるのでしっかり睡眠はとっていて何もしてないはずなのに朝から身体が重くてだるい・・・といったような状況になりやすい傾向にあります。

そのため血行が悪い場合は血行を改善するということ、そして腸内環境が悪化している場合はさきに腸内環境を改善してそこから血行不良になってしまうことを防ぐようにしていくことが大事になってきます。

何もしてないのに疲れている症状の対策をするには?

うつ病や睡眠障害などの病気であったとしても、そうではなくてもまずは身体の中に溜まっている疲労物質でもある悪玉活性酸素を除去してあげるようにしていくのが最もスムーズな対策方法ちなります。

そのためには抗酸化作用の強い成分を体内に取り入れると有効なのですが、注意しなければいけないのは抗酸化作用が強すぎて身体にいい影響のある善玉活性酸素までも除去してしまわないようにすることです。

活性酸素と言っても全てが悪者というわけではなく、善玉活性酸素については外部から体内に入ってきた細菌やカビ、微生物などを殺菌するという役割をもっています。

なのでそんな善玉活性酸素は除去せずに身体に悪影響を与えてしまうと言われる悪玉活性酸素だけを除去できるとされている水素の力を活用するのが効果的人いえます。

水素を身体に取り入れるために最も手軽でリーズナブルと言えるのが水素水を飲むということです。
水素水であれば飲みきりタイプのものが通販で安く売っているのでそういったものを活用しながら疲労物質を取り除くようにしてあげることで腸内環境も改善されて血行も促進されてくるので何もしてないのに疲れるような状態をいち早くぬけ出すことができるようになります。

【写真あり】安くて効果の高い水素水を実際に飲んで使った体験談はこちらです。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です