夏バテで体がだるいし眠い!何かいい対策はないの?

暑くてたまらない日々が続いてくると体にどんどんと疲労感が溜まっていて夏バテを起こしてしまう可能性がどんどん高くなっていきます。

夏バテをしてしまうと体全体がだるいし眠いというような状態にもなりやすいですので、結局やろうとしていたこともろくにできなくなってしまうなど時間を無駄にしてしまうケースも多々あると思います。

bfeb119090f14e564e4c17b45ece265e_s

私も夏バテで完全にやられていた時は、普段は夜の2時くらいまでは起きて色々自宅でパソコンをいじったりゲームをしたりドラマを見たりしていたのですが、それすらままならずに11時くらいでダウンしてしまうことがたくさんありました。

何かこんな辛い夏バテに対するいい対策方法はないのかと色々探していついに見つけましたよ。
私も実際に試して辛い夏バテによる体のだるさや眠気を消し飛ばすことができたのは何よりも「水素水」を使ったことによる恩恵です。

夏バテでだるさや眠気が襲ってくるのは活性酸素が原因だった

夏バテしてしまうということは実は活性酸素によって脳内がさびついている状態でもあります。
脳の自律神経中枢は体温を一定に保つためにバランスを整える働きをしています。

そこで夏の暑さが続いたり室外の気温と室内の気温に差がありすぎると急激な温度変化によって脳の自律神経に負担がかかってダメージを受けてしまいます。

ダメージを受けた脳は活性酸素を大量に発生させてしまうことから脳の細胞が酸化してしまい、体がだるく感じたり、耐え難い眠気に襲われるということになっています。

にとってはどれ選ぶべきかというところで迷ってしまう可能性もあるかと思います。

簡単にここまでの流れをまとめると

  • 夏の暑さで脳がやられる
  • エアコンが効いた室内と暑すぎる室外の気温差で更に脳がやられる
  • 脳がやられると活性酸素が増える
  • 活性酸素が増えるとだるさを感じる

ということになりますね。
では次には考えなければいけないのはこの状況をどうやって解決していけばいいのかというところになります。

夏の暑さや気温差は消せなくても活性酸素は消せる!

夏が暑いのは当たり前ですし、それは今更我々がどうこうできることでもありません。
それにエアコンなしでは特に本州の場合は普通に生活するのすら厳しいくらいの気温になってしまいますので、外気との気温差が出来てしまうのも避けられないですよね。

気温差はこのように消すことはできないので、活性酸素が体内や脳内で増えてしまうということについては避ける事ができません。
しかし、発生した活性酸素が体を錆びつかせてしまう前に消し去ることは可能です。

それが水素水の持っている抗酸化作用の働きとなっています。
水素水は飲むと体の中にス−ッと染みこんでいくような感じで細胞一つ一つに働きかけていきます。

DSC02974

その中で有害な活性酸素に対しても水素が入って行くとまずは水素が活性酸素とくっついて体に対して無害なただの水に変化させることができます。

そして無害な水となった活性酸素はそのまま尿として体外へ排出されていきます。
この流れによって体のだるさや眠いといった症状が出てくることもなくなるので夏バテを感じることなく快適に過ごせるようになります。

水素姫のまとめ

suisohime1今回は水素のもっている抗酸化作用によって活性酸素を除去して夏バテをそもそも感じないようにしてしまいましょう!という趣旨のお話になります。
私も高濃度水素水を飲むようになってからは正直夏バテを感じたことは一度もありません。

それくらい活性酸素による影響はいままでたくさんあったんだということを実感しています。
夏の暑さにやられてだるくて眠くてなにもやる気がしない・・・といった悩みをお持ちの方はぜひ水素を使って対策をしてみてはいかがでしょうか。

体に行き渡るのは一瞬ですので飲んだその日か次の日には効果が実感できるかと思います。

>>実際に使った水素水の効果比較ランキングはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です