寝不足からくる肥満の対策をするには?3つの原因と対処法

なんか最近太ってきたかも・・・と言った場合は実は寝不足が原因だったりすることがよくあります。
忙しくてなかなかきちんとした睡眠時間を確保できていないような日々が続いていませんか?

8635ec3a52a973fd386d51894647f4a1_s

寝不足からくる肥満というのはなかなか酷なもので、食べている量がそこまで多いというわけでもないのに太ってしまうことにもなるのでつらい部分があります。

そもそも寝不足と肥満にはどのような関係性があるのか。
そして寝不足であっても肥満にならないようにするにはどうすればいいのか解説していきます。

なぜ寝不足だと肥満になるの?

普通は食べたらその分のカロリーの影響で太るというように考えると思うのですが、どうして寝不足が続いているだけでカロリー摂取量が増えていなかったとしても肥満になってしまうのでしょうか。

1.ホルモンバランスの乱れ

その答えは寝不足によって睡眠時間が短くなることの影響を受けてホルモンバランスが乱れてしまうというところにあります。

ホルモンバランスと言ってもそれがなぜ肥満に関係するのかピンと来ない人も多いと思います。
まず睡眠時間が足りなくなっていることによってレプチンとグレリンと言われる2種類のホルモンのバランスが乱れるようになっていきます。

レプチンというホルモンの役割になっているのはいわゆる食欲にまつわることです。
レプチンの分泌が正常に行われていれば食欲が異常にわいてしまうようなことがなく、本当に空腹な場合に食欲がわいて、空腹ではない時は食欲がわかないようにコントロールされます。

またグレリンに関しても食欲に関係するホルモンとなっていますが、レプチンとは逆にグレリンは分泌量があまり増えてしまうと食欲が異常に増してしまうというものになっています。

まとめると寝不足で睡眠時間が少なくなるとレプチンが減り、グレリンが増える。
そのため食欲が異常となってしまうので、食べ過ぎているつもりはなくても摂取カロリーが実は増えてしまっているとういうのがまず一つ寝不足が肥満へとつながってしまう原因です。

2.代謝の低下

寝不足が続くと体にどんどんと疲労感が溜まっていきます。
そうすると代謝機能を低下させる恐れのある悪玉活性酸素が体の中に蓄積するようになっていきます。

活性酸素の影響を受けて代謝が悪くなってしまうと、食べ過ぎたりしていなかったとしても日常生活上で消費されるはずのエネルギーが消費されないようになったりするのでそこから肥満になってしまうということも考えられます。

代謝が悪くなるというのは恐ろしいもので、食べていなくても太り、運動をしていても痩せずといった非常に都合の悪い体になってしまうということでもあります。

3.寝ている間に消費するエネルギーが足りなくなる

実は「寝る」ということには大きなエネルギーを使っているということをご存知でしたでしょうか。
体力が落ちている老人が長く眠れなくなるのはそれだけ寝ることに体力が必要だからです。

何もしないでぼーっと起きているよりも実は寝ている方がエネルギーを消費していたりするので、寝不足になると単純に消費エネルギーが少なくなっているために肥満になりやすいということにもなってきます。

寝不足でも肥満にならないようにするには?

誰も寝不足になりたくて寝不足になっている人はいないと思います。

  • 仕事などが忙しすぎて物理的に寝る時間が取れない
  • ストレスや悩みの影響で不眠気味になっている
  • 趣味ややりたいことをするために睡眠時間を犠牲にしている

 

こういった色々な事情があって寝不足になっているのではないでしょうか。
そうすると考えないといけないのは寝不足を解消するというよりは、寝不足であっても肥満を解消する方法となってくるはずです。

そうなると有効になってくるのは代謝を高めるということ、そしてホルモンバランスの乱れを改善しつつ活性酸素を取り除くようにするということになります。

これら全てを実行に移すには本来であれば食生活やサプリメント、運動など色々なことに気を配らなければいけなくなります。

しかし、その面倒なことをスキップしてしまうことができるのが水素水を使った対処法となります。
水素水には高い抗酸化作用と代謝を向上させる作用があるので毎日飲むだけでも寝不足から肥満につながってしまう原因を取り除くことができるようになります。

実際に水素水を使ってみた結果と本音の体験談はこちらにまとめておきましたので、詳細はそこから確認してみて下さい。

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です