熱はないのに頭が痛いし体がだるい!今すぐできる対処法は?

熱などはなくて風邪でもなさそうなのにやけに頭がが痛くて体もだるいというような症状に悩まされてはいませんか?

4c27dbc156f9bfa0d3e25b47093bc705_s
完全に風邪をひいてしまったり熱もあるような状況なら頭痛がしてしまうのも納得と言えば納得できるのにそういうわけでもないのに頭痛や体のだるさが急にやってきたりするとなかなかつらいものがありますよね。

なぜ熱はないのに頭が痛いし体がだるいような最悪な体調になってしまうのか。
その原因と少しでも早く解消できる対処方法について解説していこうと思います。

(注目記事)頭痛を根本的に改善できる!?水素水の効能を確かめました

なぜ熱はないのに頭が痛いし体がだるい状態になるのか

ではさっそく今回の症状の原因について解説していきます。

熱はなくて風邪もひいていなかったとしても頭が痛くなるということは風邪ウィルスなどの影響ではないにしても自律神経のが何らかの原因によって乱れてしまっているために慢性的な頭痛となっている可能性が高くなっています。

結局頭痛があることが体のだるさにもつながっているので、大元の原因となるのは自律神経の乱れとみて間違いないでしょう。

自律神経の中には以下の2つがあります。

  • 交感神経
  • 副交感神経

交感神経というのは活発に動くためにある程度活動的で緊張感のあるような状態を作りだす神経で、おやすみ時のリラックスしたモードや、疲労感や体や脳のダメージを治癒していく働きをしているのが副交感神経となっています。

交感神経は日中の時間帯に活動をして、就寝するタイミングに副交感神経が活動をするという流れになっています。
この2つの自律神経が正常に働いている時は日中は体調もすぐれたままで好きに行動をすることができ、夜になると適度な疲労感を感じてスムーズに眠りについて日中の体の疲れを癒していくことができるようになっています。

しかし自律神経が乱れ始めると心臓の動きや血液の流れなど自分でコントロールできないような神経による働きが正常に働かなくなってくるということもあって変なタイミングで頭痛がしたり突発的にめまいがしてしまうといったような体の異常な症状が目立ち始めるようになります。

そして体のだるさが残ってしまうということについては主に副交感神経の乱れの影響で寝ている間の体力を回復する作用が正常に働いていないということから睡眠による疲労感の軽減ができずに体がだるい状態になってしまっているということが一番大きな原因です。

さらに副交感神経の乱れのせいでそもそも睡眠不足になったり睡眠の質が下がってしまうというようなことから悪影響を受けているとも考えられます。

放っておくとこんな大変なことに!?

頭痛やだるさくらい放っておけばそのうち自然に治るだろう・・・と言った考えから何も対策をしない人も結構多いと思いますが、そのまま放っておくと最悪の場合は自律神経失調症などにかかってしまってさらに色々なところで体調不良を起こしてしまうようなリスクが増えてしまいます。

そうならないためには、今感じている頭の痛さや、体のだるさといったわかりやすい症状のうちに体質を改善して症状を抑えるようにしていくのが理想的です。

熱はないのに頭が痛いし体がだるい症状を解消するには?

今回のように熱はないのに頭が痛いし体がだるいと言った症状は自律神経の乱れによる影響を受けている可能性が高いということについて解説していきましたが、この状態をいち早く回避するためにはどうすればいいのでしょうか。

いま現存する最適な対策方法と言えるのは自律神経の乱れをダイレクトに改善していくことができるとされている水素水を飲みながら免疫力を高めて体質を改善するということになります。

水素水には自律神経の乱れを引き起こすきっかけを作ってしまうと言われている活性酸素を素早く除去して体の中に含まれる毒素や老廃物を水素がそのまま外へと排出する手助けをすることもできるようになっています。

そのため単純に水素水を飲むだけであっても、頭痛や体のだるさを改善することができるという大きなメリットもあります。何か生活習慣を大きく変えたり、食生活をガラッと変えるなど面倒なことはしなくてもただ水素水を飲むだけで効果が得られるので楽に対処をすることができるのが最大の利点です。

症状がひどくなってしまう前に早めの対処をしていきたい!と言う場合は水素水を使ってみるのも一つの手です。

【体験談】自律神経の乱れに効く!水素水を飲んでみた結果

関連記事

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です