ニキビで顔がかゆい!薬でも治らない時の対処法

顔にできてしまうニキビは本当に気になりますしかゆみが伴ってしまうような場合はかゆさに耐えられずに掻いてしまったりニキビ自体をついうっかり潰してしまうということもあると思います。

ニキビができてしまうとストレスが今まで以上に溜まりやすくなってしまいますし、あまりそのストレスが溜まり過ぎると不眠症になってしまったり何か別の病気を引き起こしてしまったりと色々大変になってきます。

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s

そもそもあまり顔のニキビが目立つようだと外出するのもイヤになりますし、マスクをして隠していないと外にも出られない・・・なんてことになりかねません。

ステロイド薬などを使ってもかゆみが治らない場合もありますし、逆に薬をつけることで刺激されてしまってさらにかゆい状態になってしまうという可能性すらあります。

では一体そんな状況でニキビで顔がかゆい時にはどういった対処をしていけばいいのでしょうか。

ニキビがかゆくなる原因は?

ニキビができてしまったり、痒くなる原因とされているのは大きく分けて2つの原因があるとされています。
その2つというのが「お肌の乾燥」と「雑菌の増加」などがあります。

皮膚が乾燥しているとどうしても角質層のバリア機能が低下していってしまいますので、そこが原因となってかゆみが出てきやすくなります。

エアコンをがんがんきかせているオフィスにて長時間勤務しているような方はとくに年齢にかかわらずに肌が乾燥してしまいやすいと言われています。

また肌の水分が足りない状態が続くと角質のバリア機能はさらに低くなっていくので、紫外線などによる刺激に対してさらに抵抗する免疫力が低下していきます。

またニキビといえば「アクネ菌」などといった雑菌が原因の一つとなっているということも有名ですが、それ以外にも様々な雑菌の影響を受けることがあります。

特に気をつけなければいけないのは手についてしまっている雑菌ですね。

例えばオフィスや自宅でパソコンのキーボードを使う時もあると思いますが、清潔な状態にして置かなければかなりの雑菌が手についてしまうことがあります。

その手で顔を触ったりするとそこからニキビ周辺に雑菌が移ってしまうことからかゆみが発生するということもよくある話です。
その他まくらカバーやベッドシーツなどといったお肌に直接触れるようなものはできるだけ頻繁に取り替えて洗って清潔さを保つようにしていかないとそこから菌が湧いてくることもあるので注意が必要です。

ニキビで顔がかゆくてもやってはいけないこと

いくらニキビのせいで顔がかゆくても掻いてしまってはいけません。かくと更に皮膚がボロボロになって余計にかゆさがましてしまいます。
掻いた瞬間は確かに気持ちいいかもしれませんが、後で必ず後悔することになってしまいます。

また良かれと思って患部を温めてしまうと血管が拡張するために後からさらにかゆみが増してしまうことがあります。

お風呂のお湯やシャワーなども高温にすると刺激が会って気持ちいいのですが、できるだけ温め過ぎないようにぬるま湯くらいにしておくのがベストです。

水素水でニキビやかゆさの対策をしよう

水素水はアレルギーやアンチエイジングの対策として最近は重宝されるようになてきていますが、もちろん顔のニキビのケアとしてつかうことも可能です。

DSC02973

使う場合は飲むことで体内の水分不足を解消させつつ、水素が体の中にある老廃物などと結びついて外へと排出してくれるようになります。

ニキビの原因である雑菌なども水素の力で綺麗にデトックスされるのでまずは体の内側がからスッキリさせることができるようになっていきます。

さらにもう少し効率よく使いたい場合は保湿の意味も兼ねて水素水を顔の吹きかけるようにするのも効果的です。

弱まっている角質バリアを水素が保護しながら、肌荒れやニキビの元になる活性酸素を除去してくれるのでニキビやそこかからくるかゆい状態を緩和させることができるようになります。

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

クリームや薬などでは余計に刺激されて痒くなってしまう人でも水素水でかゆくなることはまずないので安心してつかっていくことができるようになっています。

ニキビのケアにも適してる水素水はこちらです。

Tlk1x3jw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です